ビートたけし『ゴンちゃん、またね。』

ビートたけし『ゴンちゃん、またね。』

 

冴えない男と愛犬の、笑いと涙の物語。

みんな、一人で生れて一人で死ぬ。だから今は一緒にいよう。

なんて帯にはかいてありますし、タイトルもいかにもそれっぽいので、ゴンちゃんという犬が死んでしまう話かと思って開いたのです。私の愛犬の名も「ゴン」ですから、ちょっと勇気がいったのです。

ビートたけし『ゴンちゃん、またね。』

ビートたけし『ゴンちゃん、またね。』

ですが、【以下、ネタバレ注意!】。

ゴンちゃん、死にません!だから安心してお読みください。

作家志望の男の話です。いくら書いても芽が出ず、彼女にも捨てられ、今は生活費のための「テープ起こし」という仕事にあけくれる毎日。報われない日々のなぐさめに、飼い始めた柴犬のゴン。かわいいのなんのって。

ビートたけし『ゴンちゃん、またね。』

ビートたけし『ゴンちゃん、またね。』

俺はお前と散歩がしたくて生きてんのかなあ、ゴンちゃんお前どう思う?
page55

なんて思うくらい、ゴンちゃんと寄り添って生きていたのに。

ほんのちょっと目を離したスキに、その大事なゴンちゃんが行方不明になってしまいます。

それからは毎日、ゴンちゃんを探す日々。探して、探して、探し歩いて、そして・・・

淡々とした語り口がかえって、涙も笑いも誘う作品です。ユニークな色使いの絵も楽しい本です。児童書ですし、あっという間に読めちゃいますが、暖かい気持ちになれます。

(でも、ビートたけし様、45ページのこの絵・・・向かって右側のどうぶつ、もしかしてこれ、猫、ですか・・・?)

ビートたけし『ゴンちゃん、またね。』

ビートたけし『ゴンちゃん、またね。』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ゴンちゃん、またね。』

  • 著:ビートたけし
  • 出版社:株式会社文藝春秋
  • 発行:2048年
  • NDC:913.6(文学、小説)児童書
  • ISBN:9784163909004
  • 104ページ
  • カラー
  • 初出:「週刊文春」2018年3月29日号
  • 登場ニャン物:-
  • 登場動物:犬

 

著者について

ビートたけし(びーとたけし)

本名・北野武。1947年、東京都足立区生まれ。72年、ツービート結成。漫才ブームとともに絶大な人気を誇る。89年『その男、凶暴につき』で映画監督デビュー。97年『HANA-BI』でベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞。2010年、フランスの芸術文化勲章「コマンドール」を受章。18年、旭日小綬章受章。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

ビートたけし『ゴンちゃん、またね。』

0.00
7.2

動物度

9.5/10

面白さ

7.0/10

猫好きさんへお勧め度

5.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA