ポール・ギャリコ『ジェニィ』

ポール・ギャリコ『ジェニィ』

 

ある日突然、猫に変身してしまった男の子の大冒険。

8歳のピーター少年は猫が大好き。なのにスコットランド人の乳母は猫が大嫌い、両親も理解がない。猫がほしくてたまらないピーターは、今日も子猫をみつけて道路に飛び出した。そこへトラックが・・・!

気が付いたとき、ピーターは真っ白な猫に変身していた。

乳母はそれがピーターとはわからない。無慈悲にも家から追い出してしまう。猫としての生き方も、猫としての考え方もわからないピーターは、人々には追いはらわれ、猫にはケンカをふっかけられて、恐怖と飢えと寒さに震えながら、逃げ回り、傷を負って、瀕死の状態で気を失ってしまう。

そこへ現れたのがジェニィ。やせっぽちでごく普通の容姿の野良猫だが、なぜかピーターにとても優しかった。

ピーターはジェニィから様々なことを教わる。猫が体を舐めることの意味。ネズミの取り方。猫同士のつきあい方。街の歩き方。ジェニィの献身的な愛のお陰で、ピーターは次第に猫として成長していく。ロンドンからグラスゴーへ船で渡ったり、そこで大事なことに気が付いてまたロンドンに帰ってきたり。ピーターの横には常にジェニィがいた。ジェニィが身を張ってピーターを守っていた。

やがてついに、ピーターが一人前の雄猫として、ジェニィのために戦わなければならない日がやってくる。

ピーターはまっ白な子猫に変身してしまう。(この写真は管理人宅のシロロです。本とは関係ありません。)

私が1回目に読んだときは、ピーターの、はらはらドキドキ冒険物語として単純に楽しんだ。人間にとっては何でもないことが、猫の身になるとこうも大変なのかと感心した。

2回目に読んだときは、ピーターの成長物語+ジェニィの愛情物語の、ほほえましい本として読んだ。

3回目に読んだときは、しかしこちらもいじわるな中年になってしまったので、全然違う角度から読んでしまった。究極の理想の女性像。人間男性側の都合から見て。

ジェニィほど理想的な女性がいるだろうか。ジェニィほど賢い女性、ジェニほど頼れる女性、ジェニィほど深く愛してくれる女性、ジェニィほど利他的で自己犠牲を厭わない女性。毅然と高くそびえてピーターを守りながらも、時々ほろっと弱いところを見せる。ピーターの為なら自分の一番大切なものでさえあっさり捨ててしまう一方で、ピーターがジェニィを捨てようとしたときは一言も責めなかった。ジェニィはピーターの母親であり、守護神であり、人生のパートナーであり、かつ、守るべきか弱い女性でもあった。

こんな女性、人間で描いたらあまりに嘘くさくて読めなくなる。しかし、これこそが男性が求める究極の女性なんだろうなあと思う。とくに日本人男性には受けるのではないだろうか。日本人男性はエディプス・コンプレックスが強いからね。際だった美人でなくても良い。ジェニィのような女性こそ永遠の憧れだろう。世の「甘えたい」男達からしてみれば。

が、ギャリコは日本人ではない。産まれたのはアメリカ、両親はイタリア系とオーストリア系。父系社会の人間である。グレートデーンと20匹を超える猫たち、4回の結婚、何人もの子供達。この小説にはキリスト教徒で白人男性であるギャリコが漏れ出てしまっているように思えた。

というのも私には最後の部分が納得できない。ピーターはよく頑張って立派に成長して万歳だろうが、あれではジェニィが救われない。日本人女性が書いた最古の小説では、光源氏は決して女性達を見捨てなかった。そこが現代に至るまで源氏が支持され続けた最大のポイントだった。ギャリコも最後はジェニィを救って欲しかった。それだけが気がかりである。

等々、色々書きましたが。
猫文学としても、高学年用児童文学としても、この本は傑作です。もちろん大人も老人も楽しめます。お母さんや教師にとっては良い教育書となるでしょう。是非読んでください。

(2006.3.15)

*私が持っているのは英語版ペーパーバックですが、以下の和訳が出ています。

『ジェニィ』 古沢安二郎訳
新潮文庫
ISBN:410216801X 9784102168011

ポール・ギャリコ『ジェニィ』

ポール・ギャリコ『ジェニィ』

『さすらいのジェニー』 矢川澄子訳
ヤマト書房 
ISBN:4479520260 9784479520269

ポール・ギャリコ『ジェニィ』

ポール・ギャリコ『ジェニィ』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ジェニィ』

  • 著:ポール・ギャリコ Paul Gallico
  • 訳:-
  • 出版社:Penguin Books
  • 発行:1950年
  • NDC:933(英文学)小説
  • ISBN:0140019421
  • 234ページ
  • 原書:”Jennie” c1950
  • 登場ニャン物:ジェニィ、ピーター、デンプシー、ルールー、他
  • 登場動物:犬、ネズミ

 


ショッピングカート

 

ポール・ギャリコ『ジェニィ』

9.5

猫度

9.5/10

面白さ

9.5/10

猫好きさんへお勧め度

9.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA