宮部みゆき『あやかし草紙』

宮部みゆき『あやかし草紙』

副題:『三島屋変調百物語伍之続』。

三島屋は、袋物を商売にしている大店だ。お江戸は神田の筋違御門先に立派な店をかまえている。

三島屋では、ここ数年、風変わりな「百物語」を続けていた。通常の百物語では、一箇所に大勢が集まって順繰りに怪談を語っていく。しかし三島屋では、「黒白の間」という客間に、語り手を一人だけ招き入れる。聞き手も、おちかという若い娘がひとり。おちかは、聞いた話はすべて胸ひとつに収め、けっして外にもらさない。「語って語り捨て、聞いて聞き捨て」というのが、いちばん大きな決めごとなのである。

だから黒白の間を訪れる語り手は、たとえば過去に自分がなした悪事を白状したっていい、恥をさらしたってかまわない。
page6

 

こうして、黒白の間では、不思議な話がつぎつぎと語られることになった。おちかに話すことで、語り手はみな、救われた気持ちになれた。そしておちかも、聞いているうちに、自分の悲しい過去から少しずつ解放されていくのだった・・・

*   *   *   *   *

宮部みゆき『あやかし草紙』
宮部みゆき『あやかし草紙』

 

この1冊は、「三島屋シリーズ第五弾にして、第一期の完結篇」です。つまり、この本の前にすでに4冊計22話が語られています。ですが、ほぼ読み切りになっていますので、この本から読み始めても何も問題はありません。

全部で五話収められていますが、猫がでてくる話はもちろん、最後の『金目の猫』。

おちかの従妹、富次郎は、いつしかおちかと一緒に百物語を聞くようになっていました。のみならず、聞いた話を絵にかいて残すようになりました。もちろんその絵は、一般公開はしません、すぐに大事に箱にしまいこんでしまいます。それでも絵にすることで、おちかもうまく「聞き捨て」られるようになり、精神的にさらに楽になっていました。

その、富次郎と、兄の伊一郎が、幼いころに経験した話が『金目の猫』です。

お稲荷さんの梅の木の上に、真っ白でふわふわなものが乗っていました。最初にみつけたのは富次郎。白鼠かと思い、木に登ってつかまえようとしますが、・・・消えた?

その後も何回か見かけ、ついにつかまえました。ふわふわ真っ白で金目の、小さな小さな子猫。

残念ながら伊一郎と富次郎の家では猫は許されませんでした。仕方なく近所の遊び友達の家に頼み込むと、さいわい

「金目の猫は商家には縁起ものだし、お稲荷さんにいた猫ならもっといい」
「ねずみ除けになるから、大事に飼うよ」
page590

と喜んで引き受けてくれました。猫好きの富次郎は大喜び。毎日遊びに行っては可愛がっていたのですが、・・・

百物語で語られるような猫。もちろん、ふつうの猫ではなかったのです。

でもご安心ください。その正体は不気味な化け猫とかではなく、心やさしい物の怪でしたから。

と、猫が登場するのはこの話だけですが、「猫」という漢字だけの登場なら、あと3箇所出てきます。『第一話 開けずの間』に出てくる飯屋の名前が〈猫丸屋〉というのが一箇所目、それから『第三話 面の家』に「一つ一つが猫ほどの大きさのある雛人形が揃っていて・・・」、『第四話 あやかし草紙』に「猫と日向ぼっこしながらお迎えが来るのを・・・」の2箇所。こういう「猫」の使い方、やはり猫好きな方なんだなあ、と、嬉しくなってしまいます。だって最後の「猫と日向ぼっこ」はまだしも、雛人形の大きさを猫と比べる人は少ないだろうし、まして飯屋の名前が「猫丸屋」なんて、全然必然性のない名付け方ですもん。あ、「猫の手も借りたい」ということわざも一箇所使われていましたね。『第二話 だんまり姫』の中でした。ということは、どの話にも「猫」という単語が1回はでてくるということ。さすが!

宮部みゆき氏の作品に、大当たりは多いけれど、ハズレは知りません。どうぞ楽しんでお読みください。

 

宮部みゆき『あやかし草紙』
宮部みゆき『あやかし草紙』

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

『あやかし草紙』
三島屋変調百物語伍之続(みしまやへんちょうひゃくものがたりごのつづき)

  • 著:宮部みゆき(みやべ みゆき)
  • 出版社:株式会社KADOKAWA
  • 発行:2020年
  • 初出:「北海道新聞」「中日新聞」「東京新聞」「西日本新聞」2016年11月5日~2017年10月31日
     『金目の猫』のみ「小説 野生時代」2018年2月号掲載
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:9784041089811
  • 641ページ
  • 登場ニャン物:まゆ
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

第一話 開けずの間
第二話 だんまり姫
第三話 面の家
第四話 あやかし草紙
第五話 金目の猫

文庫版あとがき 

著者について

宮部みゆき(みやべ みゆき)

1987年『我らが隣人の犯罪』でオール読物推理小説新人賞。92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞長編部門、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年『火車』で山本周五郎賞、97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年『理由』で直木賞、2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞を受賞、等。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA