ポー『黒猫』

ポー『黒猫』

 

アル中の悪党を黒猫が震え上がらせる。

あまりに有名な小品。

字の小さい、古い文庫本でわずか16ページの短編。
しかし、ポーといえば『黒猫』というほど、世に知られた名作だ。

あらすじなどは書かない方が良いだろう。
第一に有名すぎるし、第二に、ミステリーのあらすじを書てしまうくらいヤボな事はないから。
上の見出しに書いた一文だけでも、ネタバラシしすぎと感じるくらいだ。

あの独特な雰囲気をじっくり味わってください。
読んだ後で寒気がじとりと背中を這い上がってくるような恐怖。
こんなに短い短編でこれだけの余韻を残すのだからすごい。

(2002.5.11)

ポー『黒猫』

ポー『黒猫』裏表紙

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『黒猫』
「黒猫・黄金虫」収録

  • 著:エドガー・アラン・ポー Edgar Allan Poe
  • 訳:佐々木直次郎(ささき なおじろう)
  • 出版社:新潮文庫
  • 発行:1951年
  • NDC: 933(英文学)アメリカ 短編集
  • ISBN:
  • 151ページ
  • 原書: TheBlack Cat;
  • 登場ニャン物: プルートー
  • 登場動物: -

 

目次(抜粋)

  • 黒猫
  • アッシャア家の崩壊
  • 黄金虫
  • メエルストロムの旋渦

 

著者について

エドガー・アラン・ポーEdgar Allan Poe

1809-1849。アメリカの詩人・小説家・批評家。すぐれた短編小説と抒情詩を数多く発表したが貧困に悩まされ不健康な生活を送り早死にした。フランス象徴派詩人に影響を与えた。また推理小説の元祖ともいわれる。

(著者プロフィールは山川出版社『世界史小辞典』からの引用です。)


ショッピングカート

 

ポー『黒猫』

8.5

猫度

7.0/10

おもしろさ

9.0/10

おすすめ度

9.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA