コレット『牝猫』

コレット『牝猫』

 

猫好きの間では有名なフランスの小説。

二人は婚約し、結婚した。甘い新婚生活のはずだったのである。しかし、・・・

あまりに自己中心的な男、あまりにがさつな女、そして、あまりに美しい猫。
新婚生活は壊れるべくして壊れた。もとよりこの結婚には無理があった。
猫に魂を奪われてしまった男が、人間の女を愛せるはずがなかった。

人物のアンニュイな雰囲気と、小説全体を引き締める緊迫感という、相反する空気がみごとなバランス感覚で統一されている。猫のサハがなんとも魅力的だ。

ところで、猫の名前 “Saha” の表音だが、フランス語ではご存知の通りH音は発音しない。多分そのため、「サア」と表記されているケースをよく見かける。言語学的にはそれが正しいのだろうと思う。

しかし、本文中に2度も、“Hを強く発音する一種独特な調子・・・”という表現が見られるので、やはり「サハ」という表記の方がより近いのではないだろうか。私のフランス人の知人もH音はきれいに発音していたし。

なお、コレット自身、大変な猫好きで、他に猫が登場する彼女の作品には、中・短編集「動物との対話」、短編集「動物の平和」というのがあるらしい。
残念ながらまだ手に入らないのでまだ読んでいない。

(2002.4.10)

コレット『牝猫』

コレット『牝猫』裏表紙

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『牝猫』

  • 著:コレット Colette
  • 訳:藤雇子
  • 出版社:新潮文庫
  • 発行:1956
  • NDC: 953(フランス文学)長編小説
  • ISBN:
  • 183ページ
  • 原書: La chatte ; c1933
  • 登場ニャン物: サハ(サア)
  • 登場動物: -

 

 

著者について

シドニー-ガブリエル・コレット Sidonie-Gabrielle Colette

1873年1月28日 – 1954年8月3日、フランス。コレット (Colette) というペンネームで活動。『ジジ』が有名。

(著者プロフィールはWikipediaからの抜粋です。)


ショッピングカート

 

コレット『牝猫』

8.2

猫度

7.5/10

おもしろさ

8.5/10

おすすめ度

8.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA