赤川次郎『三毛猫ホームズは階段を上がる』

赤川次郎『三毛猫ホームズは階段を上がる』

 

姑による壮絶な嫁虐め、マザコン夫も100%姑の味方。

さびれた商店街で、老いた店主が殺された。
小さな金物屋。どうみてもお金なんかありそうにない、古びた店構え。
なぜ強盗は、こんな店の老人なんかを狙ったのか?

その主婦は、事件のとき、偶然、店に居合わせた。
姑にいびられ、夫に怒鳴られ、幼い娘を抱えて、パートも抱えて、疲労困憊した女。
犯人の顔を目撃した唯一の証人だったが、・・・

*   *   *   *   *

今回は、無実な被害者は老人一人、他の被害者たちは皆、何かしら罪のある人ばかりでした。
正直、殺されるほどの罪とは思えない人も多いのですが、それでも、罪のない人々が殺されるシーンよりずっと良いと思います。
赤川次郎氏の作品は、なにしろ死人が多いのです。あまりに簡単に人が殺され、殺害動機も単純すぎることが多く。
推理小説といえば殺人がつきものですが、それにしても、毎回これほど多人数が殺される「エンターテインメントミステリー」なんて、他にないのではないかと思うほど。

にもかかわらず、明るく、読後感も悪くないのは、殺人の動機の多くが^「正義感」や「義憤」によるものだからでしょうか。
たとえそれがどれほど幼稚で間違った正義感であろうと、憎悪や怨恨による犯行のような、ドロドロしたものは出てきません。
あと多いのが、正当防衛。たとえ過剰防衛ぎみだったとしても、やはり、ドロドロはしません。
さらに、赤川氏の文体と、作品にあふれる元気な女性たち。
よく考えれば、おそろしく残虐なシーンも多いのに、それを明るく笑い飛ばしてしまう文才は、他の人にはまったく追従不可能な、赤川氏ならではのものでしょう。

また、私が三毛猫ホームズシリーズのファンで居続ける理由が、今さらですが、もうひとつわかりました。
まったくの私見、偏見ですけれど。

それは、食べるシーンはとても多い(石津なんかほとんど常に?食べ物とセットで登場)のに、無駄な説明がいっさいない、ということです。

いちばん多く登場する料理は、おそらく、お茶漬け。それも、白米に急須のお茶をかけただけの、超シンプルなもの。
つぎはカレーかな?あとコーヒー?
たまにフランス料理フルコースなどの豪華な食事もしているけれど、そういうときはたいてい、誰かに招待されて。
そしてコース内容については、ほとんど説明無し。石津が喜んで食べる以外は。

世の中には多いですよね。やたら料理の説明が多い小説。
これはどこの牛のどのパーツをどれほど苦労して調達したか、それを、どんなスパイスを使ってどんな調理器具でどのように焼いたか、合わせるソースは(・・・とまた長ったらしい説明)、そして、この肉にはどこどこの何年製のワインでなきゃ!云々。
グルメ小説なら、それでよいでしょう。でも、ミステリーでそれをやられると、ウンザリします。たいていすっ飛ばして読みます。だって関係ないじゃん!料理の材料や調理法が直接事件と関係がある場合を除き、ミステリーにくどくどしいグルメ解説は不要です。

三毛猫ホームズシリーズには、そういう「余計なもの」がない。とても好感を感じます。

・・・あ、でも、ちょっと心配になるかも?赤川次郎氏もお茶漬けばっかり召し上がっているのかと。
体に良いものを取って、うんと長生きして、そしてこれからも、傑作を書き続けてくださいにゃあ!!!

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズは階段を上がる』

赤川次郎『三毛猫ホームズは階段を上がる』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズは階段を上がる』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 光文社文庫
  • 発行:2014年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:9784334767037
  • 292ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズは階段を上がる』

赤川次郎『三毛猫ホームズは階段を上がる』
7

猫度

3.0 /10

面白さ

9.8 /10

読みやすさ

9.0 /10

猫好きさんへお勧め度

6.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA