赤川次郎『三毛猫ホームズの証言台』

赤川次郎『三毛猫ホームズの証言台』

 

仕事を失ったシンママは、子供たちを食べさせるために、・・・。

何でもする覚悟だった。
道徳だの法律だのは、子供たちの空っぽの胃を満たしてから考えること。
今、一番大事なことは、子供たちに食べさせること。

その男は、ある証言さえしてくれれば、1年間も彼女と子供たちを養ってくれるといった。
彼女が迷うはずはなかった・・・

一方、片山は、例によって?児島叔母さんにお見合いを押し付けられていた。
ちょっと早く付いてしまった義太郎と妹の晴美は、ホテルのカフェでコーヒーとケーキなどを食べていたが、たいてい遅れてくる叔母が、今日は早くやってきて、「義太郎ちゃんは、いつも『堅苦しいのはいやだ』って言ってるから、今日は気軽な感じにしたの」
で、その相手とは、先ほど片山たちのオーダーをとっていった、感じの良いウェイトレスだった。

そのお見合い相手の加賀凉子は、しかし、そのすぐあとに、車にはねられそうになった女性を助けようと道路に飛び出し、怪我をしてしまう。
そして、縁が思わぬ縁を呼び、思わぬ人のつながりができて、
そして、
また、
片山一行はトラブル及び殺人事件に巻き込まれるのだった・・・

*   *   *   *   *

三毛猫ホームズシリーズ、この作品で51冊目!
やはり50の大台を超えると、変化が出てくるのでしょうか。
私から見て、大きな?ポイントが2つありました。

一つ目は、にゃんといっても、ホームズ以外の猫ちゃんの登場。
今までも猫がでてくる話はありましたけれど、今回ほどしっかりと、長々と出たことはありません。

その子は42ページで早くも出て来ます。
まだ「子猫」と言っていいような三毛猫で、名前はパリ。フランスの花の首都と同じ名前です。
義太郎のお見合い相手の姉妹が飼い始めた猫です。

ホームズもパリちゃんを気に入ったようで、さっそく、なにやら教えこんだり。
そして、このパリちゃん、最後までずっと出演し続けます。
ホームズほどではないといえ、ちょこっと活躍さえします。
ホームズ以外の猫(や動物)が、これほど長く登場するなんて!
いいぞ、いいぞ♪
この調子で、どんどん猫を出してくださいな!

そして、二つ目は。

なんか、義太郎と凉子、いい感じ?
女性恐怖症の義太郎にしては、凉子とはふつうにしゃべっているし。
思わせぶりな最後だし。
もしかして、この二人、付き合うのでしょうか?

もし義太郎に正式な彼女ができるのなら、晴美と石津の関係も、(やっと)進展するかもしれないし、ですね~
そして、ホームズにもパリちゃんという弟子が!
にゃあんて、・・・・
私の空想は勝手にどんどん広がってしまいます。

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの証言台』

赤川次郎『三毛猫ホームズの証言台』

赤川次郎『三毛猫ホームズの証言台』

ホームズも、パリも、三毛猫のはずなんですが・・・

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの証言台』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 カッパノベルズ
  • 発行:2016年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:9784334077334
  • 245ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ、パリ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの証言台』

8.5

猫度

7.5/10

面白さ

8.0/10

読みやすさ

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

9.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA