『ドラ・ミケ・たま ねこの絵を描いてみよう』

『ドラ・ミケ・たま ねこの絵を描いてみよう』

 

視覚デザイン研究所・編。

多数の猫の写真。
子猫が多いけど、大人猫もいる。少し汚れた子が多いのは、ノラ猫も多く含まれているのだろうか。
公園のベンチや草の上で、ゴロゴロ日向ぼっこしている子も多い。
単なるかわいさ目的の猫写真ではなく、猫のポーズ研究が目的で集めらた写真は、自然で愛らしく、下手な写真集よりよっぽど魅力。
その魅力的な猫を、猫画家がスケッチにおろして描いていたりしているのだから、猫が好きで自分でも絵を描くような人にはたまらない本だ。
(私は絵はやらないけど。)

ここで紹介されている猫画家は、高橋行雄、斎藤善貴、雨田光弘、森田あずみ、五十嵐加代子。
どの画家の絵もそりゃあステキで、見ているだけで、猫の暖かさ、柔らかさ、毛並みの感触まで伝わってくる。
画法も解説されている・・・けれど。
描き方を説明されたって、描けるわけじゃないですね(大汗)。
才能(と努力)がなきゃ。

絵を描かない人でも、持っていて楽しい本です。
見ているだけで、ほんわりしてきます。

『ドラ・ミケ・たま ねこの絵を描いてみよう』

『ドラ・ミケ・たま ねこの絵を描いてみよう』

『ドラ・ミケ・たま ねこの絵を描いてみよう』

『ドラ・ミケ・たま ねこの絵を描いてみよう』

『ドラ・ミケ・たま ねこの絵を描いてみよう』

『ドラ・ミケ・たま ねこの絵を描いてみよう』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ドラ・ミケ・たま』
ねこの絵を描いてみよう

  • 編:視覚デザイン研究所
  • 出版社:視覚デザイン研究所
  • 発行:1993年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4881081047 9784881081044
  • 116ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物:多数
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  1. 描くためには可愛いと思うことが大切
    子ネコが生まれた
  2. まずはモデルの気持ちを理解すること
    ネコと話す
  3. モデルを捜すときからすでに制作は始まっている
    ネコと出会う
  4. 問題は、思い通りのポーズをしてくれないことだ
    ネコのポーズ集
  5. 前から横から、いろいろ角度を変えてみる
    モデルの研究
  6. いよいよ本番、ネコを描くときが来た
    ネコを描く
    ネコのイメージを組立てる

 


ショッピングカート

 

『ドラ・ミケ・たま ねこの絵を描いてみよう』

『ドラ・ミケ・たま ねこの絵を描いてみよう』
8.1

猫度

9.0 /10

面白さ

7.5 /10

画像

8.5 /10

猫好きさんへお勧め度

7.5 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA