書評:菊池秀行『ニャンコ、戦争へ』

菊池秀行『ニャンコ、戦争へ』

 

絵:平松尚樹(ひらまつ ひさき)。衝撃の寓話的絵本。

菊池秀行氏は、エロスとバイオレンスの作家だそうだ。
ホラー映画にも詳しく、また大変な銃器マニアとして知られているそうな。

・・・となれば、私の嗜好とは程遠く。

そう、「・・・そうだ」という表現ですでにお分かりだと思うけれど、私はこの作家の他の作品は知らない。
すみません。

でもだからこそ、変な偏見も無く、読めたかもしれない。

この絵本『ニャンコ、戦争へ』は「バイオレンス作家が始めて描いた大人のための絵本」。

だから内容的には、とても子供向けとはいえない。
また、猫を愛し猫を読みたい読者(とくに女性)にもお勧めできない。
さらにまた、
・・・戦争が大好きな野蛮な(あえて野蛮と書きます)男には、おそらく、物足りない作品ではないだろうか。

けれども、鋭い風刺でグサッと世相を突き刺した本ではある。
少なくとも私はそう思った。

『ニャンコ、戦争へ』

『ニャンコ、戦争へ』

『ニャンコ、戦争へ』

『ニャンコ、戦争へ』

『ニャンコ、戦争へ』

『ニャンコ、戦争へ』

*** 以下、ネタばれ含みます ***

 
↓ ↓ ネタばれ注意! ↓ ↓

**********************

僕の国はいつも戦争中らしいが、相手の国も、何処でどんな風に戦っているのかもわからない。
母さんによると、子供に悪い影響を与えるから、戦争のことは、みな口にしないよう、政府から要求されたらしい。
p.8

戦争に行けば、当然、兵隊さんたちは、死ぬか怪我をする。
怪我をした兵隊さんは、みんな政府の施設に集められ「幸せに暮らしているという」が、母さんの説明によれば、

でも、どんどん怪我した人が増えると困るよね。施設がいっぱいになったら、もっと施設を作らなきゃならないでしょ
p.10

しかし、戦争を止めるという選択肢はハナから無かった。
なぜだかわからないけれど、どうしても、戦争を続けたかったらしい。
そこで、

政府の中に凄く頭のいい人がいたんでしょう、人の代わりに別のものを送ることにしたの。
p.10

こうして、猫達が、人間の代わりに、兵隊となって戦地に送られることになった。

 

“僕”の猫“ニャンコ”は、“僕”が三つの時に戦争に行き、半年後に戻った時は右目と右足を失っていた。
そのわずか10日後にまた戦争に生き、次に帰ってきたのは2年後。
左足も失っていた。
それから半年もたたないうちに、また“ニャンコ”は戦争に行く。そして今度は、

ニャンコのヒゲ1本戻ってこなかったのだ。
p.29

本の中では、なぜ戦争しているのか、まったく説明は無い。
ただ戦争をしている、とだけ。

人間たちは平和そのものに暮らしている。
が、猫達はずっと戦っていて、目や手足を失ったり、全身やけどで皮膚を失ったり、そしていずれは殺され、下手すれば死亡通知さえ戻ってこない。

なのに、人は、ずっと戦争をしている。
休戦しても、すぐにまた戦争をはじめる。
戦争は永遠に無くならない。

 

猫を戦地に送るなんて、馬鹿なおとぎ話だと思ってはいけない。
だってこれ、現実におこっていることではないか?

昔々、戦(いくさ)とは、戦をすると決めた者がするものであった。
王でも殿様でも、戦をすると決めた張本人が戦場に乗り込んで、自ら切った張ったと命をかけて戦い、そして、敵の大将を討ち取ればそこで決着がついた。
源平合戦では、大将義経は先頭に立って鵯越(一の谷?)の逆落としを駆け下り(1184年)、また1812年の近世でも、ナポレオンはロシア遠征にとりあえず兵隊たちと同行している。

が、いつしか、「戦争をすると決めた張本人」は、戦地に赴かなくなってしまった。

ブッシュ父も、ブッシュ息子も、ホワイトハウスに安全に守られて、どでんと座っているだけである。
ノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領だって、イスラム国の砲弾が届くような場所には決していかない。
戦場に行き、戦い、怪我をしたり死んじゃったり、あるいは敵を殺すのは、いつだって兵隊たち。

そして、泣くのは、いつだって、残された者たち。
勝っても負けても。

この『ニャンコ、戦争へ』は、決して、おとぎ話でも夢物語でもないのだ。
『ニャンコ』を『我が子』と置き換えれば(最近は娘だって兵隊となって戦場に行きますからね)、そっくりそのまま、一語の違いもなく、あなたの身におこる現実となるのだ。

もし日本が戦争への道を選んでしまったら!!!

戦争は、絶対に、絶対に、絶対に、絶対に、ダメだ。
戦争反対!

(2015.1.2.)

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ニャンコ、戦争へ』

  • 文:菊池秀行(きくち ひでゆき)
  • 絵:平松尚樹(ひらまつ ひさき)
  • 出版社:小学館
  • 発行:2005年
  • NDC:913.6(日本文学)絵小説
  • ISBN:4093797366 9784093797368
  • 31ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物:ニャンコ、チイコ、ダブ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

菊池秀行(きくち ひでゆき)

千葉県に生まれる。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら翻訳も手がけ、82年、『魔界都市<新宿>』で鮮烈にデビュー後、伝奇アクション・ホラー・幻視小説等のジャンルで、第一人者として活躍中。主な著書に、『魔界都市ブルース』『吸血鬼ハンター“D”』『ドクター・メフィスト 夜怪公子』等。

平松尚樹(ひらまつ ひさき)

兵庫県に生まれる。多摩美術大学卒業後、早川良雄デザイン事務所、スタジオ・ユニを経て独立、イラストレーターとして活躍。作品に『MENS WORLD』『ABC…XYZ』『ごきげんいかが?』等がある。2004年1月、銀座クリエーションギャラリーで個展「遊びをせんとや生まれけむ」を開いた。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

【猫たちの反戦デモ】
みニャ様のご参加をお待ちしております。

管理人宅の猫

管理人宅の猫です。

菊池秀行『ニャンコ、戦争へ』

菊池秀行『ニャンコ、戦争へ』
8.9

猫度

9.5 /10

面白さ

8.5 /10

ウルウル度

8.5 /10

猫好きさんへお勧め度

9.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA