アリ・ブランドン『書店猫ハムレットのお散歩』

アリ・ブランドン『書店猫ハムレットのお散歩』

書店猫ハムレットシリーズ。あのハムレットがなぜか元気がない?

原作ではこれがシリーズ3作目のようですが、和訳では2冊目となります。

あらすじ

前作で、殺されそうになったダーラ。あわやというところで彼女を救ったのは猫のハムレットだったが、そのハムレットもこっぴどく投げ飛ばされたのだった。体の傷はもう治ったはずなのに、どうもハムレットの元気がない?あの超マイペースでふてぶてしい猫が?

心配したダーラは猫のセラピスト、否、「猫の行動の共感力者(エンパス)」に相談してみた。すると意外な答えが帰ってきた。なんとハムレットは、最近の自分を出来損ないのように感じているというのだ!ハムレットに限って、まさかねえ?

その一方で。

ダーラは、バイト青年のロバートと一緒に、道場に通い始めていた。例の件以後、護身術を身につけが方がよいかもと考えるようになったからだ。幸い、書店から歩いて行ける距離に、空手の達人が道場を開いていた。「トムリンソン・アカデミー・オブ・マーシャル・アーツ」マーシャルアーツとは日本語の「武芸」の英語訳。トムリンソン師匠は60代後半で、さすがに全盛期より20kgも太ってしまってはいたが、今でもその技術は本物だ。

その無敵なはずのトムリンソン師匠が自殺した。第一発見者はまたもやダーラたち。いや、自殺じゃなくて、他殺?いったい誰がこれほどの男を殺せるというの?

感想

作品のいたるところに「TAMA」という綴りが出てきます。「Tomlinson Academy of Martial Arts」の頭文字をとったものです。

が。

猫派の日本人が猫ミステリーを読んでいて「TAMA」なんて出てきたら、もうどうしたって「タマ」ちゃんとしか読めませんよね!(=^・^=) きっと「TAMA」のロゴの横には黒帯を締めた三毛猫のイラストが描いてあるんじゃないかと想像したり(笑)。

ストーリー全体では、黒猫ハムレットの活躍は少ないです。そのかわり?今までの「本落とし」の特技に加えて、新しい特技が2つ披露されます。

ひとつめは「タイピング」。キーボードの上を歩いて文字をタイプするという、猫ミステリー界ではいわば古典的な技術。あの「『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ」でもココが披露していましたね。

ふたつめは、「タイピング」なんかよりずっとすごい技なんですけれど、これを書いちゃうと悪質なネタバレとなりかねませんので書けません。「え、ハムレットってそんなことができる猫なの!?」とビックリするような技です。そしてこの技が、シリーズの次の話に繋がっていきます。

この作品でハムレット以上に活躍する尻尾族が、イタリアングレーハウンドの「ローマ」。トムリンソン師匠の愛犬でした。まあ私としては、空手名人の愛犬なら甲斐犬など日本犬がよかったな、と思わずにはいられませんが。だって私のイタリアングレーハウンドのイメージは、ちっちゃくて華奢でよく震えている極細犬、洋服が似合って、垂れた耳と上目遣いなクリっとしたお目目がヨーロッパの古い油絵に出てくる犬みたいで、・・・あ、作品の中でも同じような言及があります。老婦人が見せてくれた額縁の絵。

ルネッサンス期の若い廷臣が、手入れの行き届いた庭を歩いている。しかし、その絵を特別にしているのは、その若者のあとをついて歩いている、鞭のように細い小さな犬だった。その犬は首に幅の広い刺繍飾りの首輪をつけており、驚くほどローマに似ていた。

page168-169

このローマがその後どのような運命をたどるかを考えれば、甲斐犬や紀州犬では無理だったとわかるんですけれど。でもやっぱり、武芸の達人が愛する犬というならば、せめて柴犬の方が似合いませんか・・・?

と、全然作品レビューになっていませんが。いつも書いているように、下手にミステリー小説の感想を書いて結果的に内容を暴露してしまうのは野暮だと思っていますので、上記をもってレビューのかわりとさせていただきます。どうか悪しからず。

アリ・ブランドン『書店猫ハムレットのお散歩』

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

ショッピングカート

著者について

アリ・ブランドン Ali Brandon

ダイアン・A・S・スタカート名義で〈探偵ダ・ヴィンチ〉シリーズを発表したほか、ヒストリカル・ロマンスをアレクサ・スマート、アンナ・ジェラードの名義でも発表。 (著者プロフィールは本著からの抜粋です。)

『書店猫ハムレットのお散歩』

  • 著:アリ・ブランドン Ali Brandon
  • 訳:越智睦(おち むつみ)
  • 出版社:株式会社東京創元社 創元推理文庫
  • 発行:2016年
  • NDC:933(英文学)長編推理小説
  • ISBN:9784488286033
  • 403ページ
  • 原書:”Words With Friends” c2013
  • 登場ニャン物:ハムレット
  • 登場動物:ローマ(イタリアングレーハウンド犬)
ショッピングカート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA