リリアン・J・ブラウン『猫は14の謎をもつ』

ブラウン『猫は14の謎をもつ』

 

「猫は・・・」シリーズ唯一の短編集

猫は神経を集中する

登場ニャン物=ファット・ファット

ある夫婦と暮らすシャム猫の、タウンハウスでの日常が、ある日、かき乱された。彼は、判で押したように規則正しい生活が好きだったのに。大きなパーティーが開かれたのだった。
そのしばらく後、ファット・ファットが一人で留守番をしていると・・・

大きな水たまりが現れた週末

登場ニャン物=パーシー

静かな田舎の家は、騒々しい夫婦を客に迎えててんやわんや。夫の方は強引で自己主張の塊、妻のほうはキャンキャン吠える小型犬みたい?さらに、猫のパーシーが見たものは、幽霊・・・!

ヤッピー猫現象

登場ニャン物=シンシン

そのシャムの子猫には驚くべき特技があった。シンシンが得意とするもの、それは・・・機械操作だった!

ドラモンド通りのヒーロー

登場ニャン物=よだれ垂らし

いつもよだれを垂らしてる、汚らしい野良猫。尻尾の先端もちぎれてしまった。悪ガキ共はその猫をみると虐めた。けれども猫は人懐こいままだった。
のみならず、その猫がある日、地域全体を惨事から救うことになる!

怒った博物館のネズミとり猫

登場ニャン物=マーマレード

ロックマスター博物館の内部が荒らされていた。猫のマーマレードは犯人を目撃していたはずだが、悲しいかな、猫は人語が話せない。彼はただ、異常に興奮するばかりだった。

黒い猫

登場ニャン物=ダク・ウォン

ダク・ウォンは誇り高きシャム猫。知性と忠誠で知られる種族。そう、彼はきわめて猫らしい猫なのだ、いつだって。英雄的なふるまい、というのは、猫の習性ではない。だから、彼がなぜああいう行動に出たのか、それは永遠に彼だけの秘密。

イースト・サイド・ストーリー

登場ニャン物=白い子猫、灰色の子猫

地面に空いた大きな穴。それは、建設予定のビルが地下を掘ったところで中断され、そのまま残されたのだった。すぐに野良猫たちの絶好の住まいとなった。「猫谷」と呼ばれ観光客まで訪れるように。

ティプシーと公衆衛生局

登場ニャン物=ティプシー

アメリカは大恐慌時代の話。ティプシーという猫がいた。最初は食料品店にいたが、公衆衛生局の役人に見つかると、十ドルの罰金が科せられる。当時の十ドルといえば大金だった。だからティプシーはつぎつぎと店をたらいまわしにされたが・・・

良心という名の猫

登場ニャン物=コンスタンス(呼び名=コンシャンス)

昔々、小さな田舎町の小さな銀行で起きた、思いがけない事件。あんなに人気者だった若い頭取が、首をくくったのだった。

ススと八時半の幽霊

登場ニャン物=スス

ススと飼い主の姉妹が住んでいるのは、古いアパートメントだった。隣人は風変わりな男。5年前に交通事故に会い車椅子に乗っている。その奇妙な隣人に、シャム猫のススは妙になついてしまった。

スタンリーとスプーク

登場ニャン物=メイプルシュガー、スタンリー

スプークは幼い男の子、スタンリーはスクープと同じ日に生まれた猫。一緒に育ったせいか、スプークはまるで猫みたいな男の子だった。

ヒゲ長の奇妙な猫

登場ニャン物=ヒゲ猫、納屋猫たち、シャム猫、ペルシャ猫、アビシニアン

田舎のある裕福な農場で、不思議な出来事がつぎつぎと?幼いドナルドが納屋で見たという「ヒゲ猫」とはいったい?

マダム・フロイの罪

登場ニャン物=マダム・フロイ、サプシム

10階の彼らの住居の、隣に引っ越してきたのは、猫嫌いの男!イヤな奴!マダム・フロイは猫らしく、彼を警戒したが、むすこのサプシムはあまり猫らしくない性格だった・・・

おおみそかの悲劇

登場ニャン物=シャドウ

大晦日の夜に、車のスリップ事故、窓から目撃していた女性は、刑事の妻。事故現場に駆け付けた彼女は、その帰り、黒い子猫を保護した。なにやら物言いたげな様子の子猫だった。

『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ まとめはこちら

ブラウン『猫は14の謎をもつ』

ブラウン『猫は14の謎をもつ』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫は14の謎をもつ』
『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ

  • 著:リリアン・J・ブラウン Lilian Jackson Braun
  • 訳:羽田詩津子(はた しづこ)
  • 出版社:早川書房 ハヤカワ文庫
  • 発行:1991年
  • NDC:933(英文学)アメリカ長編小説
  • ISBN:9784150772055
  • 278ページ
  • 原書:”The Cat who had 14 Tales” c1988
  • 登場ニャン物:上記
  • 登場動物:

 

 

著者について

リリアン・J・ブラウン Lilian Jackson Braun Bettinger

1913年6月20日 – 2011年6月4日。アメリカの推理作家。
10代の頃から約30年、新聞社に勤務。
1962年、飼い猫のシャム猫がマンションの10階から突き落とされて殺された怒りと悲しみを忘れるために、記者業の傍ら執筆した短編「マダム・フロイの罪」(原題:The Sin of Madame Phloi)が『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』6月号に掲載され作家としてデビュー。エラリー・クイーンに「もっと猫の話を書くよう」勧められたことから、ココ・シリーズが生まれたという。
『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ まとめはこちら


ショッピングカート

 

ブラウン『猫は14の謎をもつ』

7.9

猫度

9.0/10

面白さ

7.5/10

猫活躍度

7.0/10

猫好きさんへお勧め度

8.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA