リリアン・J・ブラウン『猫は火事場にかけつける』

ブラウン『猫は火事場にかけつける』

 

エディントン・スミスの古書店に重大な事件が。

エディントン・スミスが死んだ。高齢ではあったが、こんなに突然死んでしまうなんて、クィラランをはじめ、誰も考えていなかったので人々は驚き悲しんだ。

彼の古書店が火を出したのは、彼の葬儀が終わってすぐだった。数千冊の本が灰燼に帰した。現場に駆け付けたクィラランは、本の宝が失われてたことに呆然とすると同時に、もうひとつの懸念に震え上がった。

あの店の中にはまだウィンストン・チャーチルがいたはずだ!

エディントン・スミスの飼い猫である。スミスの生活は質素きまわりなかったけれど、彼の猫は豪華な長毛種だった。新しい飼い主が見つかるまで、店の中で世話人に餌だけをもらっていた。

店主を失った後、書店は固く閉ざされたままだったはずだ。しかもウィンストンは完全な室内猫で、外の世界というものを知らなかった。火事に巻き込まれて死んでしまったに違いないと、誰もが心を痛めたのだが。

なんと、猫は無傷で歩いているところを発見された。よかった!

安心すると同時に、クィラランは疑問を抱く。

なぜ、ウィンストンは、火事の前に無事に外に逃げ出すことができたのだろう?自ら外に出るような猫では決してないのに。それに、戸も閉まっていたはずなのに。

火事は、古書店だけではなかった。ムース郡全体が記録破りの干ばつに襲われていて、山火事も頻繁だった。ボランティア達が24時間、監視に見回っていた。

そんな中、若いボランティアの青年が撃たれるという事件が起きた!

シャム猫のココが大声で鳴く。猫発作を起こしては物を散らかして走り回る。クィラランは、ココの様子を注意深く見守りつつ、彼独自の調査を始める・・・

ブラウン『猫は火事場にかけつける』

ブラウン『猫は火事場にかけつける』

*****

エディントン・スミスが亡くなってしまいました。意外でした。店の隅で、ひっそりと慎ましく生きているだけの男だったのに。心から本を愛し、本に一生を捧げていながら、彼自身は本を読まないという、ちょっとおもしろい人物。およそ犯罪とは無縁なタイプ、犯罪を自ら犯すなんてことははもちろん、犯罪を目撃することさえしなさそうな好々爺だとおもっていました。残念です。

そして、アマンダ・グッドウィンター。
アマンダといえば、最初の頃は、極めつけの変人で扱いにくい女性でした。アーチ・ライカが一時期、交際相手に選んだときは驚きました。アマンダは結局彼を振ってしまいましたけど。そしてその後の彼女は、巻を追うごとに女を上げてきているような気がします。もともと町議会のメンバーでしたけれど、この巻で、とうとう市長に立候補します!

前巻でちらりと出てきた5匹の猫達が、クィラランの推理に重要な役目を果たします。今回は、ココをはじめとする猫達の活躍が目立ちます。

それにしても、このカバー絵はないでしょうと思うのですが!
この帯にこの絵・・・これじゃあ「トラ猫ココ」だよ・・・!!!

ブラウン『猫は火事場にかけつける』

ブラウン『猫は火事場にかけつける』

『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ まとめはこちら

ブラウン『猫は火事場にかけつける』

ブラウン『猫は火事場にかけつける』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫は火事場にかけつける』
『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ

  • 著:リリアン・J・ブラウン Lilian Jackson Braun
  • 訳:羽田詩津子(はた しづこ)
  • 出版社:早川書房 ハヤカワ文庫
  • 発行:2003年
  • NDC:933(英文学)アメリカ長編小説
  • ISBN:9784150772246
  • 312ページ
  • 原書:”The Cat who smelled a Rat” c2001
  • 登場ニャン物:ココ(カウ・コウ=クン)、ヤムヤム、ウィンストン・チャーチル
  • 登場動物:

 

 

著者について

リリアン・J・ブラウン Lilian Jackson Braun Bettinger

1913年6月20日 – 2011年6月4日。アメリカの推理作家。
10代の頃から約30年、新聞社に勤務。
1962年、飼い猫のシャム猫がマンションの10階から突き落とされて殺された怒りと悲しみを忘れるために、記者業の傍ら執筆した短編「マダム・フロイの罪」(原題:The Sin of Madame Phloi)が『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』6月号に掲載され作家としてデビュー。エラリー・クイーンに「もっと猫の話を書くよう」勧められたことから、ココ・シリーズが生まれたという。
『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ まとめはこちら


ショッピングカート

 

ブラウン『猫は火事場にかけつける』

7.1

猫度

7.0/10

面白さ

6.0/10

猫活躍度

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

7.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA