リリアン・J・ブラウン『猫はブラームスを演奏する』

ブラウン『猫はブラームスを演奏する』

 

クィララン、ピカックス市へバカンスに行く。

クィラランが下宿していたマウス・ハウスが売却されることもあり、クィラランは3か月の休暇をとって、北の湖畔でゆっくりすることに決めた。
「ファニーおばさん」がキャビンを無料で使って良いと言ってくれたからだ。

田舎で暮らすために、まず必要となるのが車。安い小型中古車なら、なんとか買えるだろう。
ってことで、クィラランはメジャーを持って中古車販売店を訪れる。
車種は関係ない、オートマかマニュアルかも関係ない、車を購入するにあたって、クィラランの唯一且つ最大の関心事は、後部座席のサイズ。
今使っている猫トイレを置ける広さがなきゃね。

ちょうどよい中古車を入手できたクィラランは、猫たちと北の湖畔に向かう。
そこで大事件に巻き込まれるとも知らずに・・・。

*   *   *   *   *

今回の舞台は、風光明媚な大自然の中。
自然好きな私はさっそく、ムース郡・ピカックス市・ムースヴィルなどの地名を検索してみたが、どうやらすべて架空らしい。

小説に描かれている、その大きな湖はカナダに接し、濃い霧が出る。
ピカックス市はのどかな田舎町で、玄関に鍵をかける必要もない。
地方新聞が一番大きく取り上げるのは、殺人事件ではなく、市の有名人の死亡報告。

おそらく、五大湖のどれか、アトランティック・シティーという実在の地名がちらりと出てくるところから、オンタリオ湖かエリー湖か、水が冷たいと何回も繰り返されているから、北の方のオンタリオ湖かなあ、なんて想像していたが、どうやらモデルはミシガン州バッド・アクス市(Bad Axe)だそうだ。五大湖はヒューロン湖のそば。

おっと、クィラランにもどって。
美しい自然に囲まれて、のんびりと休暇を楽しむには、まさにうってつけの環境と思えたのに。

こんな田舎にも犯罪者はいて、事件はおこる。殺人事件もおこる。
それも、クィラランが知り合った直後に殺されたり。
警察はのんびりやる気なさすぎ。
そして、町の人びとは、うすうす感づいていても、あるいは、はっきり犯罪を知っていてさえ、黙して話さない。

犯罪を暴けるのは、クィラランのような「よそ者」だけだった。
クィラランと、あと、もう一人、元警察官。殺されてしまったが・・・

すべてをお見通しのココがかっこいいねえ。
ココがいなければ、ただの、やや冗長なミステリーの一冊に過ぎなかっただろうけど、ココとヤムヤムは、料理の塩コショウ!
味をピリッとしめ、味に深みを与えている。
この著者は本当に猫の使い方がうまいと思う。
これほど猫(他の動物でも)を、うまくミステリーに絡ませてくる作家なんて、滅多にいない。

最後に、意外な展開も待っています。
いかにもアメリカらしいサプライズ、お楽しみに。

『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ まとめはこちら

ブラウン『猫はブラームスを演奏する』

ブラウン『猫はブラームスを演奏する』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫はブラームスを演奏する』
『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ

  • 著:リリアン・J・ブラウン Lilian Jackson Braun
  • 訳:羽田詩津子(はた しづこ)
  • 出版社:早川書房 ハヤカワ文庫
  • 発行:2001年
  • NDC:933(英文学)アメリカ長編小説
  • ISBN:4150772207 9784150772208
  • 302ページ
  • 原書:”The Cat Who Played Brahms” c1987
  • 登場ニャン物:ココ(カウ・コウ=クン)、ヤムヤム
  • 登場動物:

 

 

著者について

リリアン・J・ブラウン Lilian Jackson Braun Bettinger

1913年6月20日 – 2011年6月4日。アメリカの推理作家。
10代の頃から約30年、新聞社に勤務。
1962年、飼い猫のシャム猫がマンションの10階から突き落とされて殺された怒りと悲しみを忘れるために、記者業の傍ら執筆した短編「マダム・フロイの罪」(原題:The Sin of Madame Phloi)が『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』6月号に掲載され作家としてデビュー。エラリー・クイーンに「もっと猫の話を書くよう」勧められたことから、ココ・シリーズが生まれたという。
『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ まとめはこちら


ショッピングカート

 

ブラウン『猫はブラームスを演奏する』

7.5

猫度

7.5/10

面白さ

7.0/10

猫活躍度

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

7.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA