リリアン・J・ブラウン『猫は殺しをかぎつける』

ブラウン『猫は殺しをかぎつける』

 

クィララン、グルメ欄担当になり、昔の恋人に出会うが。

上司から、グルメ記事の執筆を命じられてしまったクィララン。
とあるグルメの会合に出かける。

そこで・・・

偶然だった。
大昔、結婚まで考えていた彼女。
突然、予告も無く彼の前から消えてしまった彼女。
ジョイ・ホイートリー。
今は結婚してジョイ・グレアム。

彼女は昔のまんまに見えた。
滑るような歩き方、音楽的な話し方、気まぐれで、突拍子も無くて、行動してから考えるタイプ。
しかも彼女の夫婦生活はどうやら、うまくいっていないらしい?

彼女に再開したクィラランは、その翌日には早速、彼女の住むアパートの空き部屋に引っ越してしまう。

スリリングで楽しい日々が始まるハズだったのに。
別な意味でスリリングな日々になってしまった・・・!

クィラランが引っ越した直後、ジョイが姿をくらます。
さらに、ハウスボーイも行方不明になって?

ブラウン『猫は殺しをかぎつける』

ブラウン『猫は殺しをかぎつける』まるで表紙のココがうちの猫を「やれやれ」と見ているような写真が撮れました

*  *   *   *   *

クィラランの行くところ、犯罪あり。
クィラランの豊かな口ひげが、犯罪の予感に震え、シャム猫ココは、確かな洞察力で、犯罪を確信する。

クィラランという男、この作品では46歳になっていますが、なんか軽率?
昔の彼女に会ってたちまち舞い上がり、その場で引っ越しの決断をし、翌日には移ってしまうなんて。
私ならこんな男、いやだなあ。
だって元カノはすでに人妻。もちろん、夫婦そろって住んでいるわけで。
そんなところへ、独身の元カレが、ノコノコ、イソイソと乗り込んでいくなんて、平和で済むはずないじゃないですか。
私ならそんな男の行動を見た瞬間に幻滅、たとえ100万年の恋だって、きれいさっぱり冷めるわな。

そんなですから、ジョイが、クィラランが来た翌日にはいなくなってしまったのも、私は最初、逃げたのかと勘繰ったのです。
もともと夫婦仲は良くなかったようですし。
そこへ詮索好きな元カレが乗り込んで来たら、修羅場になるのは目に見えています。
誰だって、とっとと逃げ出したくなるような状況でしょ?

このように始まった作品なので、今回は、クィラランのいやらしさが目立ってしまいました。
あくまで私の個人的嗜好、個人的感想なのですが。

6フィート2インチ(約188cm)の長身は良いです。
が、お腹のお肉が気になるような体型で、医者から30ポンド(約13.6kg)の減量を命令されてしまいました。
豊かな口ひげは彼のトレードマークですが、私、無精ひげも豊かな髭もあんまり好きじゃない(汗)
自分はろくに料理をしないくせに(彼の朝食は買ってきたパンにインスタントコーヒーだったり)、他人の料理に口うるさい男なんてのも大嫌い。
うるさく言うなら自分で作れ。作らないなら黙って食べろ。と、思っちゃいますね。
喫煙も好きじゃないが、ましてパイプなんて。本人の健康被害は自業自得として、周囲が迷惑します。

でも、猫たちの扱い方はすばらしいです。

自分はひからびたパンをかじりながらでも、猫たちには上等な肉を小さく切り、温めたスープをかけてあげます。
ココを外出させるときは、必ずハーネスに紐をつけて。たとえそれが、目と鼻の先の、建物の別棟であってもです。すばらしい。
このあたりが、言いたくないけど『三毛猫ホームズ』とは全然違いますね。
ホームズは見知らぬ土地でも、紐ひとつ付けられず、晴美の後を追って、人込みに踏まれないよう気を付けながら、自分で歩かなければならなりません。
いくら小説の中とはいえ、猫の飼い主としてはあり得ません。
作品としては面白いんですけれどねえ(でなきゃ全部揃えて2回以上読んだりしない!)

で、クィラランに戻りますけれど、「なんかいやらしい」という読後感が残ったのは、他にも理由があります。
それは、ジョイの最期。
軽率な女ではありましたが、それにしても悲惨・・・
また、元カノが敷地内で殺されたと知った後も「こんなところはもういやだ、引っ越す!出ていきます」とは言いださないクィラランの神経もちょっと・・・ねえ?
少なくともこの作品の中では出ていく発言はどこにもないぞ?

ところで。
ココの年齢が判明します。
獣医師の話では、「たぶんココは三、四歳というところでしょう」(page16)でした。
猫の3~4歳といえば、体は大人だけど若々しく、元気で活発、自信にあふれ、それ以上に好奇心にあふれているお年頃。
本で描写されているココの行動もうなづけるというものですニャ。

ブラウン『猫は殺しをかぎつける』

ブラウン『猫は殺しをかぎつける』

*この作品は本来、シリーズ4冊目にあたりますが、日本ではなぜか最初に翻訳されました。そのため裏表紙の解説も「猫好きに捧げる新シリーズ第一弾」と書かれています。

『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ まとめはこちら

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫は殺しをかぎつける』
『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ

  • 著:リリアン・J・ブラウン Lilian Jackson Braun
  • 訳:羽田詩津子(はた しづこ)
  • 出版社:早川書房 ハヤカワ文庫
  • 発行:1988年
  • NDC:933(英文学)アメリカ長編小説
  • ISBN:4150772010 9784150772017
  • 175ページ
  • 原書:”The Cat who saw Red” c1986
  • 登場ニャン物:ココ(カウ・コウ=クン)、ヤムヤム、ラク
  • 登場動物:-

 

 

著者について

リリアン・J・ブラウン Lilian Jackson Braun Bettinger

1913年6月20日 – 2011年6月4日。アメリカの推理作家。
10代の頃から約30年、新聞社に勤務。
1962年、飼い猫のシャム猫がマンションの10階から突き落とされて殺された怒りと悲しみを忘れるために、記者業の傍ら執筆した短編「マダム・フロイの罪」(原題:The Sin of Madame Phloi)が『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』6月号に掲載され作家としてデビュー。エラリー・クイーンに「もっと猫の話を書くよう」勧められたことから、ココ・シリーズが生まれたという。
『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ まとめはこちら


ショッピングカート

 

ブラウン『猫は殺しをかぎつける』

7.7

猫度

7.0/10

面白さ

8.0/10

猫好きさんへお勧め度

8.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA