リリアン・J・ブラウン『猫は糊をなめる』

リリアン・J・ブラウン『猫は糊をなめる』

 

資産家一家に、いったい、何があった?

前作で、クィラランの広大なK屋敷は全焼してしまった。
残されたのは、分厚い石造りの外壁だけ。
クィララン自身は、ガレージ上の元使用人部屋を本格的に自分用の住居に改造し、快適に暮らしていたが。

クィラランは、跡地に劇場を建てることにする。
町の劇団にも参加して、練習に精を出す。

警察署長ブロディの娘、フランセスカは、クィラランの新住居のインテリアデザイナーであり、また劇団のリーダーでもあった。
当然の権利として(?)、クィラランとも頻繁に会うことになるばかりか、合鍵を使って部屋の中にまで入ってくる。
また劇場の建築家は、偶然にも、アラコークだった。クィラランが昔、デートしていた女性である。

それやこれやで、クィラランの意中の人、ポリー・ダンカンは誤解しっぱなし。
クィラランは、ポリーの事も気になりながら、他にも気になることが多く、つまり、新聞の発行や、芝居や、猫たちのことなどで忙しい。

そして、猫たち。

ココは糊を舐めることと、本の匂いを嗅ぐことにはまっていた。
封筒の糊も、切手の糊も、つぎつぎと舐めとってしまう。
そして、本棚に登っては、本を落とす。最近はシェイクスピアではなく、もっぱらメルヴィルの『白鯨』とか、船舶関係の本とかだ。
ヤムヤムは、相変わらず、誰かの靴紐をほどくことに夢中。

2頭はとても仲が良く、しばしば双子のように同じポーズで座っていたりする。
そして、ココはクィラランに何かを伝えたがっているようだったが。

若夫婦が射殺された。
両親は銀行を経営、息子たちもその銀行に勤め、周囲の評判もよかった。

自宅は物色されていた。犯行を目撃された盗人が、若夫婦をとっさに射殺してしまったようだ。
最近、町では、数人の若者たちが、落書きや万引きなどの悪行を繰り返していた。
警察も、人びとも、犯人はそのチンピラどもに違いないと決めつけた。
そして、そのチンピラどもが事故死してしまったとき、警察も人々も、事件は済んだと思った。

しかし、クィラランは変だと感じていた。
あのチンピラども、たしかに悪ふざけはしていたけど、人を殺すような者たちとは思えない。
真犯人は他にいるのではないか?

ココも何かを感じているようだった。
ココが言葉を話せたら!

リリアン・J・ブラウン『猫は糊をなめる』

リリアン・J・ブラウン『猫は糊をなめる』

*****

前作より、この作品の方が動きがあり、面白く読めました。
前作はちょっとだらだらしていたからなあ(汗)。

クィララン、今回も、モテているような、モテていないような。
彼はムース郡一の資産家で、口もうまいのだから、本気でくどけばたいていの女性はなびきそうに思えるのですが、どうも押しが弱いようです。
『猫は・・・』シリーズに登場する女性たちは、皆、個性的で、なかなか魅力的。
でも、女性たちに色気とか肉感的なものは、ほとんど感じられないんですよね。
その辺が、女性作家の作品といえるでしょうか。
クィラランが重視するのも、若さや肉体ではなく、知的な会話。

クィラランの女性関係もですが、今回は、アーチ・ライカの女性の好みにはちょっとびっくりしましたヨ。
まさか、彼女に目を付けるとはねえ(笑)。

今回、ココは、かなり分かりやすいヒントを出していました。
なのに、それに対するクィラランの勘というか推理力が、今回はちょっと鈍かったような?
でもココちゃん、あまり変なものは舐めないようにね。お腹をこわしたら大変。
それから、スカンクを追いかけるのも止めた方がよいかと。

このシリーズ、ミステリーですが、暴力シーンはないし、暴言もないし、残酷な描写もない、さらに、セックスもありません。
安心して読めます。
上品なミステリーだと思います。

『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ まとめはこちら

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫は糊をなめる』
『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ

  • 著:リリアン・J・ブラウン Lilian Jackson Braun
  • 訳:羽田詩津子(はた しづこ)
  • 出版社:早川書房 ハヤカワ文庫
  • 発行:1992年
  • NDC:933(英文学)アメリカ長編小説
  • ISBN:415077207x 9784150772079
  • 308ページ
  • 原書:”The Cat Who Sniffed Glue” c1988
  • 登場ニャン物:ココ(カウ・コウ=クン)、ヤムヤム、ウィンストン
  • 登場動物:-

 

 

著者について

リリアン・J・ブラウン Lilian Jackson Braun Bettinger

1913年6月20日 – 2011年6月4日。アメリカの推理作家。
10代の頃から約30年、新聞社に勤務。
1962年、飼い猫のシャム猫がマンションの10階から突き落とされて殺された怒りと悲しみを忘れるために、記者業の傍ら執筆した短編「マダム・フロイの罪」(原題:The Sin of Madame Phloi)が『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』6月号に掲載され作家としてデビュー。エラリー・クイーンに「もっと猫の話を書くよう」勧められたことから、ココ・シリーズが生まれたという。
『猫は・・・』シャム猫ココシリーズ まとめはこちら


ショッピングカート

 

リリアン・J・ブラウン『猫は糊をなめる』

7.3

猫度

6.0/10

面白さ

7.0/10

猫活躍度

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA