藤田宜永『左腕の猫』

藤田宜永『左腕の猫』

 

猫に絡んだ短篇ばかり。

いずれも、熟年~初老の男が主人公で、そこに女がからんでくる。そして猫が通り過ぎる。猫は主格ではないが、どの作品でもピリリと効いたアクセントとなっている。そして、どの作品でも、人より猫の方がずっと悟っている。猫に勇気づけられたり、猫をうらやんだり、猫に嫉妬したり。猫の方は悠然と生きているだけだ。

「老猫の冬」

還暦を少しすぎた男の一人住まい。亡くなった妻の思いがけぬ秘密。飄々と生きる老猫モウ。
人間達よりモウの方が哲学を持っているように見える・・・。

「永遠の猫」

男は今まで信じていたものを突然失った。世の中が違って見えてくる。
そんな中、猫だけは、何に飽きることもなく、変わることもなく、平然と寝そべっているように見えたが。

「蛮勇の猫」

この短編集の中では一番ドラマティックなストーリー。
思いがけず第一級の身体障害者となってしまった男が、元ボス猫ジョージの勇気ある行動に勇気づけられ、人生の転機を迎える。

「葬式の猫」

男の妻の母が亡くなった。妻と実母の間には他人には踏み込めぬ溝があった。老母が可愛がっていた猫。死体に噛みついた猫。猫と夫婦の行方は?

「猫の幕引き」

長い人生では何回か、それまでの生き方に幕を引き、新しい道を歩むべき時が訪れる。しかし男にとってそれは、簡単な決断ではない。某A元首相だって、あんな幕引きだったし(汗)
それに引き替え、猫の身の引き方は立派だ。

「左腕の猫」

男はなぜかその女に惹かれた。女は猫を飼っていた。男よりあきらかに、猫のほうが扱いが上だった。
男は社長業に疲れ始めていたのだろうか・・・?

(2007.10.28.)

藤田宜永『左腕の猫』

藤田宜永『左腕の猫』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『左腕の猫』

  • 著:藤田宜永(ふじた よしなが)
  • 出版社:文春文庫
  • 発行:2007年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:9784167606077
  • 313ページ
  • 登場ニャン物:モウ(「老猫の冬」)、ボン(「永遠の猫」)、ジョージ(「蛮勇の猫」)、ミッチー(「葬式の猫」)、クマ(「猫の幕引き」)、キョロ(「左腕の猫」)
  • 登場動物:-

 

著者について

藤田宜永(ふじた よしなが)

福井県に生まれる。早稲田大学中退。48年、パリに渡り、エールフランスに勤務。55年に帰国後、エッセイを執筆。61年、「野望のラビリンス」で小説デビュー。平成7年、「鋼鉄の騎士」で第48回日本推理作家協会賞、同年、「巴里からの遺言」で第14回日本冒険小説大賞短編部門対象を受賞。その後、「樹下の想い」で恋愛小説に新境地を拓き、平成11年、「求愛」で第6回島清恋愛文学賞を受賞、平成13年、「愛の領分」で第125回直木賞を受賞する。「リミックス」「前夜のものがたり」など著書多数。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

藤田宜永『左腕の猫』

7.3

猫度

7.0/10

面白さ

7.5/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA