香月日輪『ねこまたのおばばと物の怪たち』

香月日輪『ねこまたのおばばと物の怪たち』

 

薄暗い竹藪の鳥居をくぐると・・・。

柏木舞子、小学校5年生。お母さんが亡くなって、やがて、お父さんは再婚した。新しいお母さんと仲良くなろうと、しばらくは頑張っていたけれども、弟ができて。
お母さんはもちろん、お父さんも、まだ赤ちゃんの弟にかまいっきりになって。
暗くふさぐ舞子は、学校でもいじめられて。
勉強も運動も、とくにできる方ではないし、給食はまずいし。
学校も、家も、なにもかも、いや・・・!

そんなある日、舞子は、いじめっ子に強制されて、イラズ神社に行かされます。昼間でも暗い竹藪の奥にあって、お化けが出るとウワサの神社。

どうにも仕方なく、舞子はおそるおそる竹藪に踏み込みますが・・・

そこに現れたのは、見渡す限りのお花畑。美しい池。森と小鳥たち。
そして、わらぶき屋根の、テレビで見たことのある、田舎風の家。

その農家のおばあちゃんは、なんと猫又でした。
そこは物の怪の世界なのでした。

猫又のおばばをはじめ、物の怪たちは、舞子にとても親切でした。
舞子はたちまち、物の怪たちになじみます。

舞子はおばばの家に、毎日のように遊びに行きました。
おばばは、生きる楽しさを教えてくれました。
人生の大切なことも教えてくれまました。
孤独だった舞子は、だんだん変わっていきました。

* * * * *

たのしい本です。読み始めると、なんか勢いがついて、一気読みしちゃいます。

猫又のおばばは、千年も生きてきた「猫又」ではありますが、外見はごくふつうの農家のお婆さんです。
畑を耕したり、野菜を煮たり、縁側に座ってお茶を飲んだり。
でもさすが千年の功、ときどき深いことをサラリと言います。
舞子もおばばの言葉を素直に受け止め、どんどん成長していきます。

こんなおばばが自分のそばにもいてくれたらいいのにと、誰でもが思うでしょう。そんなすてきなおばばです。さすが猫、いえ、猫又!

香月日輪『ねこまたのおばばと物の怪たち』

香月日輪『ねこまたのおばばと物の怪たち』

香月日輪『ねこまたのおばばと物の怪たち』

香月日輪『ねこまたのおばばと物の怪たち』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ねこまたのおばばと物の怪たち』

  • 著:香月日輪(こうづき ひのわ)
  • 出版社:株式会社KADOKAWA
  • 発行:2014年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:9784041019344
  • 131ページ
  • 登場ニャン物:おばば(猫又)
  • 登場動物:キツネ、カマイタチ、ほか物の怪たち

 

著者について

香月日輪(こうづき ひのわ)

『ワルガキ、幽霊にびびる!』で日本児童文学者協会新人賞を受賞し、作家としてデビュー。『妖怪アパートの幽雅な日常1』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞し、大ヒットシリーズとなる。その他に「ファントム・アレース」シリーズ、「地獄堂霊界通信」シリーズ、「大江戸妖怪かわら版」シリーズ、「僕とおじいちゃんと魔法の搭」シリーズ、『下町不思議町物語』などの著作がある。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

香月日輪『ねこまたのおばばと物の怪たち』

6.7

猫度

4.0/10

面白さ

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA