森田佳世子『イヌの子ねこの子カエルの子』

森田佳世子『イヌの子ねこの子カエルの子』

 

庭先に小さな動物病院を建てました。

森田佳世子さんは、日本漫画家協会会員で、横浜市獣医師会会員で、アリスペットクリニックの院長先生。
お父様は森田拳次氏。「丸出だめ夫」「ロボタン」などを描いた漫画家だといえば、思い当たる方も多いでしょう。

そのお父様が娘に相談もなくエッセイの連載を引き受けてしまい、森田さんはしぶしぶ書き始めました。「適当、適当」といいながらも連載は8年間も続き、それをまとめたのがこの本です。

獣医さんのエッセイといっても、獣医学論などはでてきません。ごく普通の若い女性が、ごく普通の生活を、おもしろ可笑しくつづった中に、普通の人よりは動物が多く出てくるかな、という程度です。

エッセイを書き始めた頃、森田さんは勤務していた動物病院を辞めて「充電中」でした。その後、庭先に小さな動物病院を建て、院長として働き始めます。やがて結婚し子供も生まれます。

ですが、森田さんに変な気負いはありません。
非常識な飼い主に困らされても、言うことを聞かない犬猫に手を焼いても、エッセイはあくまで明るく楽しく書かれています。
内容的には、犬の方がずっと多いのが、ちょっと残念ですが。

(2005.8.10)

森田佳世子『イヌの子ねこの子カエルの子』

森田佳世子『イヌの子ねこの子カエルの子』

森田佳世子『イヌの子ねこの子カエルの子』

森田佳世子『イヌの子ねこの子カエルの子』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『イヌの子ねこの子カエルの子』

  • 著:森田佳世子(もりた かよこ)
  • 出版社:とらのまき社
  • 発行:2004年
  • NDC:914.6(日本文学)随筆、エッセイ
  • ISBN:4434048007 9784434048005
  • 317ページ
  • 挿絵、イラスト(カット)
  • 登場ニャン物:ヨシコ、他
  • 登場動物:犬多数

 

森田佳世子『イヌの子ねこの子カエルの子』

森田佳世子『イヌの子ねこの子カエルの子』

 

著者について

森田佳世子(もりた かよこ)

エッセイ&マンガも描く獣医。日本獣医学科を卒業後5年間の勤務医を経て、横浜市でアリスペットクリニックを開業。日本漫画家協会会員。父は漫画家の森田拳次。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

森田佳世子『イヌの子ねこの子カエルの子』

8.1

動物度

9.5/10

面白さ

7.5/10

読みやすさ

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

7.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA