ラトリッジ『猫の贈り物』

ラトリッジ『猫の贈り物』

 

猫の目から見たこの世界。

原題は “Diary of a Cat” つまり、“ある猫の日記”。
その題名の方が、内容をずっとよく表していると思う。

主人公の猫の名前はわからない。
日記中には“ぼく”とのみ記されている。

猫の目がみた断片的な人間模様、原因や理由など追及しない、事実そのままを、見た分だけ、淡々と描いている。

他の猫が家にやってきたときも、優しいミセス・ヴィが突然病に倒れたときも、思いがけない姿で戻ったときも、あっさりと、事実だけを述べている。

“猫の贈り物”と題されているのだから、きっと最後には奇跡が起こって、・・・などと期待しても何もおこりません。
強いて言えば、この猫の存在そのものが最大の贈り物ということだろうか。

記憶に残った一文は、ミセス・ヴィのひとこと、

「可愛げを追求することに命をかけた一生って、さぞや疲れるでしょうね。」

アイドルがアイドルで居続けるのは、たしかに疲れることではあるかも知れない。

(2002.4.30)

ラトリッジ『猫の贈り物』

ラトリッジ『猫の贈り物』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫の贈り物』

  • 著:リー・W・ラトリッジ Leigh W. Rutledge
  • 訳:鷺沢萌
  • 出版社:講談社文庫
  • 発行:1995年
  • NDC:933(英文学)小説 アメリカ
  • ISBN:4062732106 9784062732109
  • 212ページ
  • 原書:”Diary of a Cat” c1995
  • 登場ニャン物:(無名)、ミスター・ブル、ボビー・ブープ、ブリジット、ザッカリー、パフ
  • 登場動物:

 


ショッピングカート

 

ラトリッジ『猫の贈り物』

8.2

猫度

9.5/10

面白さ

7.0/10

猫好きさんへお勧め度

8.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA