斉藤倫『ノーにゃんこノーライフ』1~3

斉藤倫『ノーにゃんこノーライフ』

副題:『僕らの地域ねこ計画』。

主人公の男は、駆け出しの作家。名前は藤間蒼(ふじまそう)、25歳。つい最近、最愛の猫を亡くしたばかり。小学生の頃に保護し、男が家を出て一人暮らしを初めたときも、ちいこは連れてきた。

その、唯一無二のちいこが死んだ。男はひどいペットロス状態になる。もともと引きこもりに近い生活を送っていた男だ。もう生きる気力さえなくしてしまった。乱雑な部屋で布団をかぶって泣いてばかり。必要最低限の外出さえ出たくない。

斉藤倫『ノーにゃんこノーライフ』

ふと、外を見ると、猫がいた。

つい餌をやりに、外に出る。そして、男たちを見かける。

なんと男たちは、野良猫たちを捕獲して保健所に引き渡そうと集まっていたのだ。大の男たちが何人も集まって、猫たちを追い詰めている。

男は、その光景に呆然としながらも、動けない。

そのとき。

凛として立ちふさがった女性がいた。か細い体で、男たちの前に、神々しいほどに、まっすぐと。

斉藤倫『ノーにゃんこノーライフ』

その女性、三島マキは、ボランティアで猫の保護や里親探しをやっている人だった。藤間は気づいたときには彼女のペースに乗せられていた。嫌だ、逃げたいと思いつつ、なぜかいつも彼女を手伝ってしまう。それまで知らなかった「地域猫」という存在を知った。それまで目を背けていた野良猫問題の深さも知った。たった一匹の猫の、命の重さを知った。と同時に、猫を虐待する人間や、毒餌を蒔く人間がいることも知った。

次第に藤間も、猫の保護活動に深くかかわっていく。

*   *   *   *   *

地域猫や野良猫問題について、とてもリアルに掘り下げた作品です。単純な理想論ではなく、かといって野良猫をやたら可哀想に描いたお涙頂戴の感情論でもなく、人間の方に焦点を当てながら、猫たちに深い愛情を示しています。

主人公の藤間という男は、これが主人公か?ってくらいに、情けない男です。モサモサの頭、無精ひげ、よれよれの服にサンダル履き。何より、気力というものを感じられない!。パワフルなマキとはあまりに対象的です。きっと内心、ああじれったい蹴っ飛ばしてやりたい、と思っているんじゃ?

でもマキは蹴飛ばしたりはしません。それどころか、巧妙におだてて引っ張り出し、この「使えない男」を使っていきます。男の方も、女に引っ張りまわされているうちに、ゆっくりと目覚めていきます。

そうです。この作品は、「猫愛護コミック」であると同時に「ダメ男の成長記録」でもあるんです。

いつまでも無収入な引きこもり生活を続けるわけにはいきません。一時預かりした猫がきっかけとなって、やっとアルバイトをはじめる決心をしました。ボサボサの頭もやっと散髪しました。といっても、餌やり婆さんに無料で切ってもらっただけですが。

そして、悟ります。心の拠り処のない野良猫の姿は「僕と同じ マキさんに助けられたい1匹だ」と。それまでは「僕なんか」とこそこそ逃げてばかりいた男が、とうとう「ぼっ 僕がやります・・・・!!」と人々に叫びます。「だから協力してくださいっ」

猫が好きでも嫌いでも
この町に住む人たちと
この町に住む猫たちと
一緒に
ひとつひとつの命を見守りたいんです
誰か 手を貸してください
僕に・・・・・・
一緒に やりませんか?

第3巻 ライフ28
斉藤倫『ノーにゃんこノーライフ』

野良猫処分を叫ぶ「声の大きな」人たち。でもそんな人は、実際には、住民のごく一部。猫たちにやさしい目を向けている人も多いことがわかってきます。ただ、やさしい人ほど争いを好まず、どうしてよいかわからないので今まで黙っていたのです。

まだ問題は山積みのままだし、苦労も多いでしょう。それでも、確実に、味方は増えています。最初は幼い女の子と餌やり婆さんだけだったのに、藤間とマキが声をあげたことで、猫好きなふつうの主婦だけでなく「猫苦手だけど掃除くらいなら」という人たちまで、地域猫に賛同してくれはじめました。

反対派もまだがんばってはいますが・・・

と、第3巻はここで終わっています。これからの展開が楽しみです。地域猫計画、どうかうまくいきますように!

斉藤倫『ノーにゃんこノーライフ』

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

著者について

斉藤倫(さいとう りん)

保護猫5匹と暗し、外でお世話する猫も5匹余り。作品に『路地裏しっぽ診療所』『水晶の響き』など。 (著者プロフィールは本著からの抜粋です。)

『ノーにゃんこノーライフ』
第1巻~第3巻

  • 著:斉藤倫(さいとう りん)
  • 出版社:株式会社集英社 集英社ホームコミックス
  • 発行:2017年~
  • 初出:「ぷら@ほーむ」2015年12月、「ねこねこ横丁」2016年4月~
  • NDC:726(マンガ、絵本)マンガ
  • ISBN:9784834232608(第1巻)
  • モノクロ
  • 登場ニャン物:ちいこ、他多数
  • 登場動物:

斉藤倫『ノーにゃんこノーライフ』

9.5

猫度

9.8/10

面白さ

9.5/10

考えさせられる

9.0/10

猫好きさんお勧め度

9.8/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA