ドクター・ヘリオットの『猫物語』

ドクター・ヘリオットの『猫物語』

 

猫を思う気持ちに国境はにゃい。

ヘリオット先生はイギリスの獣医さんです。
のどかな田園地帯に住み、牛や馬などの大型の家畜を50年も診てきました。
勿論、イヌネコも診ます。

でもこの本は、獣医学の本ではありません。
先生の猫、及び、先生が出会った魅力的な猫と飼い主達のお話です。

日本もイギリスも、猫の飼い主は変わらないなあというのが感想でした。
猫に完全に魅了され、猫っかわいがりし、猫が病気になろうものならみっともないほどオロオロします。

そしてヘリオット先生ご自身も、自分の猫に何かあるとやはりオロオロしてしまうのです。
そのオロオロっぷりは、獣医師とは思えないほど(笑)。
ふだんは冷静に飼い主さんたちに接しているはずなのにねえ?

そんな、飼い主と同じ感覚のヘリオット先生にとても親しみを感じます。

(2002.4.10)

ドクター・ヘリオットの『猫物語』

ドクター・ヘリオットの『猫物語』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ドクター・ヘリオットの 猫物語』

  • 著:ジェイムズ・ヘリオット James Herriot
  • 訳:大熊榮(ひらがな)
  • 出版社:集英社文庫
  • 発行:2001年
  • NDC: 934(英文学)エッセイ
  • ISBN:4087604055
  • 229ページ
  • 原書:”James Herriot’s Cat Stories” c1994
  • 登場ニャン物:アルフレッド、オスカー、ボリス、オリー、ジニー、エミリー、モーゼス、フリスク、バスター
  • 登場動物: -

 

目次(抜粋)

  • 作者からのメッセージ
  • 1 アルフレッド―お菓子屋の猫
  • 2 オスカー―社交家の猫
  • 3 ボリス―逃げ足が速い猫
  • 4 オリーとジニー―うちに来た二匹の子猫
  • 5 エミリー―紳士の家に住み着いた猫
  • 6 オリーとジニー―済みつく
  • 7 モーゼス―灯心草の中で見つかった猫
  • 8 フリスク―死の淵から何度もよみがえった猫
  • 9 オリーとジニー―最大の勝利
  • 10 バスター―ボールを拾ってくる猫
  • *訳者あとがき
  • *猫は猫のことば 角野栄子
  • *ジェイムズ・ヘリオット著作リスト

 

ドクター・ヘリオットの『猫物語』

ジェイムズ・ヘリオット

著者について

ジェイムズ・ヘリオット James Herriot

1916年英国スコットランドのグラスゴー生まれ。国立獣医大学卒業後、ヨークシャーで獣医になる。50代から、獣医としての抱負な体験をもとに、動物への愛情あふれる作品を多数執筆。そのほとんどがベストセラーとなり、テレビシリーズ化された。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

ドクター・ヘリオットの『猫物語』

8.7

猫度

9.0/10

おもしろさ

8.5/10

おすすめ度

8.5/10

プラスポイント

  • 猫を思う気持ちに国境はにゃい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA