書評:保坂和志『明け方の猫』

保坂和志『明け方の猫』

 

猫になってしまった男。

ふと目覚めると、猫になっていた。

いや、正確には、夢の中で猫になっていた。これが夢の中の出来事だということも、はっきり自覚している。それにしてはあまりにリアルな感覚ではあるが。

彼はネコとして、街の中を歩きだす。

ニンゲンとは違うネコの五感。まず、すばらしい臭覚に驚く。それにもまして、鋭い聴覚。ネコの聴覚にくらべたら、ニンゲン時代の聴覚なんか、「音」を聞いていたと言えるのかどうかすらわからない。そして、なんと身が軽いことか。体を舐めるだけで得られる恍惚感。ひとつひとつが新鮮な驚き。

ネコの目でみた世界は、まったく別の世界の世界だった。彼は、冷静に、淡々と、ネコとして歩いていく。

単行本90ページほどの小説だ。特に事件は起こりらない。ニンゲンの頭を残した男が、ネコとして見たり感じたりする世界が描かれている。

(2002.7.18)

保坂和志『明け方の猫』

保坂和志『明け方の猫』帯つき

保坂和志『明け方の猫』

保坂和志『明け方の猫』

保坂和志『明け方の猫』

保坂和志『明け方の猫』カバーの絵が雰囲気があってすてき

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『明け方の猫』

  • 著:保坂和志 (ほさか かずし)
  • 出版社:講談社
  • 発行:2001年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:4122044855
  • 171ページ
  • 登場ニャン物:(無名)、ミィ
  • 登場動物:- 

 

目次(抜粋)

  • 明け方の猫
  • 揺籃
  • あとがき

 

著者について

保坂和志 (ほさか かずし)

90年、『プレーンソング』でデビュー。93年、『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、95年、『この人の閾(いき)』(新潮文庫)で芥川賞、97年、『季節の記憶』で谷崎潤一郎賞と平林たい子賞を受賞。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

保坂和志『明け方の猫』

保坂和志『明け方の猫』
8.3

猫度

9.5 /10

面白さ

7.5 /10

猫好きさんへお勧め度

8.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA