マーテル『パイの物語』(上・下)

マーテル『パイの物語』

 

少年とベンガルトラの成獣が、小さな救命ボートに。

世の中に「漂流物語」は数多くあれど、こんな設定のものが他にあっただろうか!

ピシン・モリトール・パテル、通称「パイ」は、インドの動物園経営者の息子である。
思慮深い性格。
悩みは自分の名前「ピシン」。
水泳好きな父親の名付けである。フランス語の la piscine(プール)に由来する。

ところが、この「ピシン」という発音が、英語の pissing (おしっこする)に通じることから、幼少時代は散々からかわれた。
そこで、中学進学と同時にみずから「パイ」と名乗るようになった。円周率のπである。

少年パイは宗教に興味を持つ。
まずひとりのインド人として、ヒンズー教の神々に惹かれ、つぎにキリスト教に感服し、それからイスラム教に心を打たれた。
歳に似合わぬ信心深さで信仰した。
変わった少年だった。

少年として変わっていただけでない。
人間としても変わっていた。

パイは、異なる3つの宗教を、3つともよく理解し、異なる3つの宗教を、同時に深く信仰したのだ。

物語の前半は地味な展開に終始する。
パイの幼少時代について。パイ一家が経営する動物園。パイの信仰。
すべてが冗漫なほど丁寧に、ゆっくりと語られていく。
いつパイの本当の冒険がはじまるのか、読者はジリジリしながら読むことになる。

しかしこの前半の下地があって、はじめて、後半のパイの成功が理解できるのである。

全知全能の神でさえ、単力ではパイを加護しきれなかっただろう。
3宗派の神々が力を合わせ、強力に三点支持して、やっと、切り抜けられた危機だった。
それほどに過酷な運命がパイ少年を待ち受けていた。

パイ一家は、インドに見切りをつけ、カナダに移住することになった。
動物たちの多くを連れて。

ところが大海の真ん中で嵐にあい、日本の貨物船「ツシマ丸」は沈没してしまう。
生きのこった人間はパイひとり。
他の生存者は、ブチハイエナ、脚を折ったシマウマ、オランウータンの「オレンジジュース」、それから、・・・

「リチャード・パーカー」。
三歳のベンガルトラ。
体重220kgの獰猛な肉食獣である。

帯

『パイの物語』帯

全長わずか8mの、小さな救命ボートである。
その狭い空間に、トラと、ハイエナと、シマウマと、オランウータンと、少年が乗り合わせている。
周囲は見渡す限りの海。
脚下にはサメ。

あまりにも、あまりにも、絶望的な状況。
これ以上に「絶体絶命的な窮地」なんてあるだろうか?

頼みの綱、救助船は現れなかった。
最初にシマウマが喰われた。
次にハイエナが喰われた。
オランウータンも喰われた。

トラと少年だけが残った。
トラとの漂流がはじまった。

なぜ、16歳の少年は、獰猛なトラと一緒に、227日もの長期間、生きながらえることができたのか?

そして、・・・

あなたはこの話を信じますか?

・・・

マーテル『パイの物語』

マーテル『パイの物語』上巻裏表紙

世界的なベストセラー。
2012年、映画にもなり大ヒット。
第85回アカデミー賞にて、監督賞(アン・リー)、作曲賞(マイケル・ダナ)、撮影賞、視覚効果賞の最多4部門を受賞するという快挙を成し遂げた。
日本での公開は2013年1月25日。

本も面白かったけど、映画も早く見たいなあ。

映画、見ました。→『ライフ・オブ・パイ』
映画レビューの下の方に、色々な考察など書き散らしています。よろしければどうぞ。

(2012.12.31.)

マーテル『パイの物語』

マーテル『パイの物語』下巻裏表紙

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『パイの物語』(上・下)

  • 著:ヤン・マーテル Yann Martel
  • 訳:唐沢則幸訳(からさわ のりゆき)
  • 出版社:竹書房
  • 発行:2012年
  • NDC:933(英文学)長編小説
  • ISBN:9784812492086 9784812492093
  • 271ページ、271ページ
  • 原書:”Life of Pi” c2001
  • 登場ニャン物:リチャード・パーカー(ベンガルトラ)
  • 登場動物:オレンジジュース(オランウータン)、ハイエナ、シマウマ、ミーアキャット、他多種多数

 

目次(抜粋)

  • 【上巻】
    • 覚え書として
    • 第1部 トロントとポンディシェリ
    • 第2部 太平洋(~54章)
  • 【下巻】
    • 第2部 太平洋(55章~)
    • 第3部 メキシコ、トマトラン、ベニート・フワレス診療所
    • 解説 風間賢二

 

著者について

ヤン・マーテル Yann Martel

外交官の家に生まれた彼は、幼少・青年時代をコスタリカ・フランス・アラスカ・カナダで過ごし、大人になってからもイラン・トルコ・インドと世界を転々としている。トレント大学で哲学を学んだのち、植栽、皿洗い、警備員など風変りな仕事をするかたわら、執筆活動を開始。27歳で作家として生計を立てるようになった。主な著書に小説「Self」、ジャーニー賞受賞作の短編集「The Facts Behind the Helsinki Roccamatios」がある。現在はカナダのモントリオール在住。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

マーテル『パイの物語』

マーテル『パイの物語』
8

動物度

8.0 /10

面白さ

8.0 /10

愛猫家へお勧め度

8.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA