コイル『名探偵のコーヒーのいれ方』

コイル『名探偵のコーヒーのいれ方』

 

『コクと深みの名推理1』。

アメリカはニューヨークの老舗コーヒーハウス。
‘私’ことクレア・コージーは頼まれてこの店の責任者として引っ越してきた。
実は以前もこの店を切り盛りしていた。その後子育てのためしばらく離れていたのである。

店では信頼できる従業員が留守を切り盛りしているはず・・・だった。
なのに。

いきなり事件に巻き込まれた主人公クレア。

警察はそれを‘事故’として処理しようとした。
しかしクレアの鼻の効きは、コーヒーをかぎ分けるだけではなかった。殺人事件をもかぎ分けた。

これは事故なんかじゃない!殺人だ!それを立証しなきゃ!

猫のジャヴァは、残念ながら、全然活躍しない。
ただ一度、最も重要な瞬間に、サッと現れて主人公を助ける。

おいしいコーヒーの入れ方レシピがところどころ挿入された、コーヒーと料理好きのための軽い推理小説。
気楽にどうぞ。

(2007.2.12)

コイル『名探偵のコーヒーのいれ方』

コイル『名探偵のコーヒーのいれ方』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『名探偵のコーヒーのいれ方』
コクと深みの名推理1

  • 著:クレオ・コイル Cleo Coyle
  • 訳:小川敏子(おがわ としこ)
  • 出版社:ランダムハウス講談社 文庫本
  • 発行:2006年
  • NDC:933(英文学)推理小説
  • ISBN:4270100621 9784270100622
  • 431ページ
  • 原書:” On What Grounds ” c2003
  • 登場ニャン物:ジャヴァ
  • 登場動物:-

 


ショッピングカート

 

コイル『名探偵のコーヒーのいれ方』

6.2

猫度

5.0/10

面白さ

7.0/10

猫好きさんへお勧め度

6.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA