五味靖嘉『縄文柴犬ノート』

五味靖嘉『縄文柴犬ノート』

 

副題『正しい犬の見方・考え方』。

私事だが、2015年末、迷い犬を発見した。
ガリガリに痩せ、尾も頭も低く垂らして、フラフラ歩いている。
当地は、緯度標高のわりには、雪の多い山間地だ。12月後半から雪が積もり始め、年によっては3月末まで消えない。
そのまま放置すれば、餓死か凍死が必須。
保護するしかなかった。

五味靖嘉『縄文柴犬ノート』

『縄文柴犬ノート』の表紙とそっくりな顔つきのゴン

なんとか保護したあとも、人を極端に恐れ、私にさえ触らせない。
様子から、生まれつきの野良犬ではなく、虐待されたあげくに捨てられた元飼い犬と思われたが・・・
「猟犬だろう」というのが、獣医さん他、犬ベテランたちの見解。
猟犬にするつもりが、犬の扱いが下手で訓練に失敗した挙句、邪魔犬と虐待、ついに山に捨てられたらしい。

この犬、ゴンが、すごいキツネ顔だった。

額は広くて、ストップ(額段)がごく浅い。
マズルは太くて長い。
目は三角の釣り目、耳は前傾して凛と立つ。
背中はまっすぐで、胸が深く、ウェストは引き締まり、巻き尾。
狼爪はないが・・・

五味靖嘉『縄文柴犬ノート』

ゴンの横顔

五味靖嘉『縄文柴犬ノート』

一般的な柴犬の横顔。おでこの角度の違いは明白。

ゴンを見たある柴犬愛好家が興奮して、「すごい縄文顔!縄文柴ですよ、これ!」と、「縄文柴犬研究センター」に問い合わせてくれた。
(が、終始「まず入会金と年会費を払って会員になってください」の一点張りで、写真を見ようとさえ言ってくれなかったそうな・・・汗)。

私は血統”書”には興味ないから「縄文柴犬のお墨付き」を貰えるかどうかなんて無関心だが、犬一頭を世話するにあたって、その血筋を知ることは大切だと思っている。
品種によって、性格や、体質、かかりやすい病気が変わってくるからだ。

前置きが長くなった。

縄文時代の遺跡から、ヒトの骨と一緒にイヌの化石が出土することがある。
縄文時代のイヌのいちばんの特徴は、

積極的に改良された証拠が見られれず、「小型の犬で、額が広く後頭部が発達し、ストップが浅く面長で、口吻部は太く頑丈である」という顔貌が(おおよそ1920)以降からの多くの研究成果で述べられています。
page7

そして、

縄文時代の犬1と、一般的なシバイヌ2と、縄文柴犬3を区別して理解する必要があるのです。つまり、縄文時代の犬とは違うのですが、それを相似する犬、という意味で「縄文柴犬」とし区別する必要がありました。
page7

五味靖嘉『縄文柴犬ノート』

五味靖嘉『縄文柴犬ノート』

頭蓋骨以外にも、縄文犬と、現在の一般的な柴犬とでは、細かい相違点がある。

犬ブログなど見ていると、最近は、見た目重視で「可愛らしい」柴犬ばかりが増えているように思えてならない。
丸い頭に(=ストップが深くなる)、ちょこんと子犬のようなマズル、体はどんどん小型化し、鳩胸の後ろに、むっちりとした前肢がついている。

では、縄文柴犬とはどんな犬か。

新しい犬種ではない。
縄文時代の遺跡から出土する縄文犬によく似た古い形の柴犬を、縄文柴犬と呼んでいるのだ。

縄文柴犬の外見的特徴を簡単にまとめると、

  • 額が平坦に近い、即ちストップがない或いは弱い(page27~)
  • 耳は、犬の顔を正面から見て、全体的なバランスが良く、側面からは前傾し、しっかり立っている(page31~)
  • 目は、品位ある形で、沈着して、概ね三角形に見える(page32~)
  • 口吻は太くよく伸びて締まる(page37~)
  • 肩幅は正面から見て広がらず、側面から見ると胸が深く船底方で、頸や頭部と調和している(page54~)
  • 背はまっすぐで、腹は腰に向かって贅肉が無く、緊密で、強く締まっている(page55~)
  • 四肢は筋肉が良く発達して、強健でありながら柔軟性があり全体にクセがない。俊敏で音もなく走り回る(page59~)

全体的に、原初的で、まるで小型のオオカミのような犬、それが縄文柴犬なのである。
実際、日本の柴犬は、「世界中の犬種の中で最もオオカミに近い」といわれる犬種であるが(注)、その中でも、縄文柴犬は、とびきりオオカミ系ということらしい。

(注=2012年アメリカ “National Geographic”誌。85種類の犬の遺伝子を科学者たちが分析。どの犬もWOLFLIKE(オオカミ系)、HARDERS(牧畜犬系)、HUNTERS(猟犬系)、MASTIFFLIKE(闘犬系)の遺伝子を持っているが、遺伝子構成上、最もWOLFLIKEだったのが柴犬。ちなみに第二位はチャウチャウ、第三位はまた日本犬の秋田犬。)

縄文柴犬のもうひとつの際立った特徴は、その身体能力の良さ。
ジャンプ力があり、さらに、犬なのに、イヌの手首はネコのように回転しないのに、あっと思うようなところを登ってしまう。
本では梯子を上る犬が紹介されている。
ネットでは木に登る犬の写真がある。
そしてうちのゴンは、フェンスを登ってしまう。高さ2mの金網フェンスを、猫のようによじ登って、脱走してしまった(!)。
フェンスの上に大きな返しをつけて、今はなんとか脱走を防いでいるけど。

なんという犬たちだろう!
縄文柴犬。
すばらしい。

五味靖嘉『縄文柴犬ノート』

アルミ製はしごを登る縄文柴犬

自作ドッグラン

我が家の自作ドッグラン。DIYのよい所は、不具合を見つければ、いくらでも自分でリフォームできることか。ゴンがフェンスを登って脱走したあと、フェンスの上に、写真のような大きな「返し」をつけた。さすがのゴンもその後は脱走できずにいる。

(とはいえ・・・「正しい犬の見方・考え方」なんて副題は、私にはちょっと傲慢すぎるように思えてならない。
だって、もし、もしもですよ、世間が「正しい日本人は」なんて言い出して、江戸時代や平安時代の人骨を基準に、「身長は150cm前後、顔は扁平で目は一重、胴は長くてウェストのくびれはないか弱い、それが正しい日本人だ」、なんていわれたら・・・
少なくとも私はそんな世界イヤです!)

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『縄文柴犬ノート
正しい犬の見方・考え方

  • 著:五味靖嘉(ごみ やすよし)
  • 出版社:精巧堂出版
  • 発行:2012年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:9784904082171
  • 157ページ
  • モノクロ
  • 登場ニャン物:-
  • 登場動物:犬、オオカミ

 

目次(抜粋)

  • 縄文柴犬ノートによせて・・・新見治一
  • 総論
    • 1.経過
    • 2.何故縄文柴犬と呼ぶか?
    • その他
  • 第1章 頭蓋・顔貌
    • 1.縄文時代のイヌとの相似性
    • 2.保存の理由
  • 第2章 体躯・胸・四肢
    • (1)体躯構成という概念
    • (2)雄と雌の体躯の相違点
    • その他
  • 第3章 思い出の犬
    • はじめに
    • (1)第二中市
    • その他
  • あとがき

 

著者について

五味靖嘉(ごみ やすよし)

1986年まで「日本プラント工業株式会社」社主。1987年、縄文柴犬とともに秋田県大曲市(現大仙市)に移住。犬の研究活動に取り組む傍ら、講演活動及び、補助授業として生物学「日本のイヌ」での講義。2009年からNPO法人縄文柴犬研究センター副理事長。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

五味靖嘉『縄文柴犬ノート』

小さいながら、野生的な風貌のゴン。

五味靖嘉『縄文柴犬ノート』

五味靖嘉『縄文柴犬ノート』
6.8

動物度

9.8 /10

面白さ

8.0 /10

情報度

8.0 /10

猫好きさんへお勧め度

1.5 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA