キップリング『ジャングル・ブック』

キップリング『ジャングル・ブック』

 

インドのジャングルで、オオカミに育てられた少年、ほか。

この本を猫本リストに加える前にネット本屋で検索して驚いた。
なんと今の日本では、この本を大人用に全訳したものを新刊本で手に入れることは難しいらしい。

全世界的に有名な本だ。
誰だってオオカミに育てられた少年モーグリの話は聞いたことがあるだろう。
少年少女向けの本や、映画やコミックなどで、たくさん出ている。

キップリング『ジャングル・ブック』

角川文庫版:キップリング『ジャングル・ブック』

しかし、子供版はもちろん、文庫本など大人用のものまで、ほとんどが抜粋翻訳。
モーグリが出てくる8話だけを選んで翻訳している本が多いようだ。
なんてもったいない!
原作は、短編集の形態をとっていて、BOOK1=7話、BOOK2=8話の、全15話なのである。
どの話も、こんなに面白いのに。

残念なことに日本では、動物物、冒険物というと「子供用」と見なされがちで、多くの良書がめちゃくちゃに改悪された挙げ句、子供本と見下されてしまう傾向が著しい。
その代表が「ガリバー旅行記」だ。
あの、痛烈な風刺と批判と厭世に充ち満ちた本が、どうやったら、面白楽しい “こびとのくに、おおおとこのくに の ぼうけんものがたり” になるのか、まったく理解に苦しむのだが、・・・

世界の名作といわれる本を、子供用に改悪して出版するのは止めてほしい。
子供達は、大人達に強制されて“名作”を読み、「なんだ、名作とかいったって、全然面白く無いじゃないか」との印象だけを強く残してしまう。
さらに 「ジャングル・ブック?ガリバー?子供の時に読んだよ」 と、本物に見向きもしなくなる。
そうやって活字離れ・本離れが進行していくのだと思う。
子供にとって『ながくつしたのピッピ』は文句なしに面白いが、だからこそもっと読みたいという気持ちにもなるが、『戦争と平和』だの『レ・ミゼラブル』だのを、子供が理解できるワケがない(しばしば「感動しました」という子供の感想文を見るけど、あんなのは、そう書けば大人が喜ぶことを知っている優等生の演技だ)。
名作を地におとしめるような “少年少女名作全集” を読ませるくらいなら、何も読ませない方がましなくらいだ、と、私は考えている。

キップリング『ジャングル・ブック』

新潮社版:キップリング『ジャングル・ブック』

ひどく脱線してしまった。

『ジャングル・ブック』に出てくるネコ科は2頭。
モーグリの保護者・クロヒョウのバギーラと、モーグリの宿敵・トラのシア・カーンだ。
どちらも、美しい肢体をのびやかに伸ばして、ジャングル中をはね回る。

そのほか、頼りになるリーダー・オオカミのアケーラや、優しい大クマ・バルー、巨大ニシキヘビ・カー、勇敢なマングースのリキ・ティキ・タビなど、個性的で魅力的な動物たちが数多くでてくる。

動物たちだけではない。
モーグリと人間社会との軋轢の中に、現代社会のきしみの種が見える。
これを子供用に捨ておくのはあまりに惜しい。
全訳の方が一般普及してくれるよう、心から望むしだいだ。

なお、原書の英語でも、難しい単語や言い回しは出てこないから、比較的楽に読めると思う。
廉価なペーパーバックで十分。
英語が読める方は、ぜひ読んでみてください。
これが世界の名作といわれる(本当の)由縁がわかるでしょう。

(2002.6.22)

キップリング『ジャングル・ブック』

文春文庫版:キップリング『ジャングル・ブック』

キップリング『ジャングル・ブック』

裏表紙で、『ジャングル・ブックは、』キャロル『不思議の国のアリス』、イソップ童話集、グリム童話集と並び称されている。

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ジャングル・ブック』
(望林堂完訳文庫) Kindle版

  • 著:ラドヤード・キップリング Rudyard Kipling
  • 訳:毛利孝夫
  • 出版社:望林堂完訳文庫
  • 発行:2016年
  • NDC:933(英文学)小説
  • ファイルサイズ: 15376 KB
  • ASIN: B00UEVPO9M(Amazon.co.jp)
  • 186ページ
  • 原書:”The Jungle Books”
  • 登場ニャン物:クロヒョウ:バギーラ、 トラ:シア・カーン
  • 登場動物:オオカミ、ニシキヘビ、クマ、マングース、ドール、アジアゾウ、その他多数

 

目次(抜粋)

  • BOOK I
    • Mowgli’s Brothers
      Hunting-song of the Seeonee Pack
    • Kaa’s Hunting
      Road-Song of the Bandar-log
    • “Tiger-Tiger!”
      Mowgli’s Song
    • The White Seal
      Lukannon
    • “Riki-Tikki-Tavi”
      Darzee’s Chant
    • Toomai of the Elephants
      Shiv and the Grasshopper
    • Servants of the Queen
      Parade-Song of the Camp-Animals
  • BOOK II
    • How Fear Came
      The Law of the Jungle
    • The Miracle of Purun Bhagat
      A Song of Kabir
    • Letting in the Jungle
      Mowgli’s SOng Against People
    • The Undertakers
      A Ripple Song
    • The King’s Ankus
      The Song of the Little Hunter
    • Quiquern
      Angutivun Taina
    • Red Dog
      Chil’s Song
    • The Spring Running
      The Outsong


ショッピングカート

 

キップリング『ジャングル・ブック』

8.3

動物度

9.5/10

面白さ

9.5/10

猫好きさんへお勧め度

6.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA