坪内稔典編『漱石俳句集』

坪内稔典編『漱石俳句集』

 

漱石の句に深く頷く・・・。

夏目漱石が作った俳句は、生涯に約2600句だそうだ。
正岡子規と親交があった時代に特に多く作られている。

この本は、漱石が残した句のうち、計848句を、年代順に編集した本。
巻末に俳体詩も数編収められている。

俳句に興味があるからではなく、漱石という小説家が好きだから、丁寧に全句を読んだ。
彼は何を考えながらこんな句を作ったのだろう、その時、吾輩君のモデルとなった猫さんは膝にいただろうか、なんて事を考えながら。

・何となう死(しに)に来た世の惜しまるる

に、うんうんと頷き、

・秋風やひびの入りたる胃の袋

芸も何もない句だが、この直球的な表現に、漱石の胃病を知っている人なら誰でもドキッとするだろう。

猫句は残念ながら少ない。収録されていた猫句はすべて、「猫短歌離れ「文献で歌われた猫たち」
夏目漱石2」に書きだしたので、そちらをご覧頂きたい。

(2005.9.2)

坪内稔典編『漱石俳句集』

坪内稔典編『漱石俳句集』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『漱石俳句集』

  • 編:坪内稔典
  • 出版社:岩波文庫
  • 発行:1990年
  • NDC:911(日本文学)詩歌
  • ISBN:4003190041 9784003190043
  • 359ページ
  • 登場ニャン物:
  • 登場動物:

 

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

坪内稔典編『漱石俳句集』

4.5

猫度

1.0/10

面白さ

7.0/10

漱石ファンへのお勧め度

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

1.0/10