赤川次郎『三毛猫ホームズのびっくり箱』

赤川次郎『三毛猫ホームズのびっくり箱』

 

短編集。
三毛猫ホームズ、警視庁捜査一課刑事の片山義太郎、妹の晴美、目黒署刑事で自称晴美の恋人の石津の4名が大活躍のシリーズ。

『三毛猫ホームズのびっくり箱』

20年前、「箱」の中で、「箱」を開けたらしい男が死んだ。
自然と心臓が止まったのか、それとも、故意の殺人だったのか?
妻は誰かに殺されたと信じているようだが。

『三毛猫ホームズの名演奏』

名門オーケストラで、ひとりの新人指揮者がデビューしようとしていた。
その最中に殺人が?

『三毛猫ホームズのパニック』

8階建てビルの新築パーティーで、手抜き工事が見つかり、そこへ地震が。
傾いたビルの中で、ビルオーナーが殺されていた?

『三毛猫ホームズの幽霊退治』

石津は、ばったり古い友人に出合う。
石津の職業が刑事と知った男は、なんと幽霊退治を依頼してくる。

『三毛猫ホームズの披露宴』

花婿は、昔から頭の切れる「エリート道まっしぐら」タイプの男だった。
花嫁は、まだ十代の若さながら数億の資産を相続した大金持ちだった。
当然ながら(?)、殺人事件がおこる。
エリート君に対する嫉妬からか、あるいは、美少女の財産を狙ったものか?

『三毛猫ホームズの宝さがし』

宝探しに没頭して職までなくし、一家離散の憂き目にあった男。
その男が探していた「宝」とは、本当は何だったのか?

*****************************

三毛猫ホームズのびっくり箱

ホームズは『背はほとんど茶と黒ばかり、腹のほうが白で、前脚(まえあし)が右は真っ黒、左は真真っ白、顔はほぼ正確に、白、黒、茶色に三等分されて』いると赤川次郎氏は説明しています。挿絵は、体の白が多すぎる気はしますが、ほぼホームズの姿に近く描かれています。・・・でも、章冒頭などの猫のカット絵は三毛猫でさえない、トラ猫とかなのよね。ホームズの本なのですから、もっと三毛猫(ホームズ)を描いて欲しかったなあ。

短篇なので、どの話も、あっさり殺され、あっさり犯人が判明します。
猫のホームズが事件解決に毎回大活躍はいいけど・・・
ちょっとギャーギャー鳴きすぎじゃない?(苦笑)

私の中では、猫が「ギャー」と鳴くとすれば、シーズン最中のバトル時くらい。
聡明で爽やかな女の子・ホームズが、はしたなくもギャーギャー鳴くのって、なんか私のイメージと合わないんですよね(汗)
フーとかシャーなら全然不自然じゃないんですけど。
それとも、ホームズって、シャムが混ざっているんでしょうか。
シャムのハスキーボイスならGyaとG音で表現されるのは分からないでもないのです。

ついでに書いちゃうと、
フィクションの物語だし、猫が探偵という設定である以上、仕方ないとはわかっていますけど、

飼い猫のホームズを、危険な場所に平気で連れ出して自由行動させ、危険人物とも平気で会わせる人間達。
知らない場所でホームズが行方不明になっても、「どこへいっちゃったのかしら!」と怒ることはあっても、心配しない片山兄妹。
あのぉ、今の時代でこんなことやったら、たとえ小説の中の架空世界であったとしても、猫虐待で怒られそうなんですけど!
おはなしと分かっていても、ヒヤヒヤします・・・

(1988年2月1日)

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズのびっくり箱』

赤川次郎『三毛猫ホームズのびっくり箱』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズのびっくり箱』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 カッパノベルズ
  • 発行:昭和59年(1984年)
  • NDC:913.6(日本文学)短篇推理小説集
  • ISBN:4334025358
  • 220ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:

 

目次(抜粋)

  • 『三毛猫ホームズのびっくり箱』
  • 『三毛猫ホームズの名演奏』
  • 『三毛猫ホームズのパニック』
  • 『三毛猫ホームズの幽霊退治』
  • 『三毛猫ホームズの披露宴』
  • 『三毛猫ホームズの宝さがし』

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズのびっくり箱』

赤川次郎『三毛猫ホームズのびっくり箱』
7.5

猫度

3.5 /10

面白さ

8.0 /10

読みやすさ

9.0 /10

猫活躍度

8.0 /10

愛猫家へお勧め度

9.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA