赤川次郎『三毛猫ホームズの運動会』

書評:赤川次郎『三毛猫ホームズの運動会』

 

『三毛猫ホームズの運動会』

警視庁の運動会の日に、殺人犯が逃亡した。
警護の警察官の首を絞めて。

一方では。
若くて美しい妻が不倫をしていた。
不倫相手は夫の部下。
その不倫現場をひそかに見ていたのは、刑事・片山義太郎の妹、晴美と、三毛猫のホームズと、それから、あともう一人・・・

警視庁の運動会に、騒動が持ち上がる!

『三毛猫ホームズのスクープ』

片山義太郎、警視庁捜査一課の刑事、長身、もうすぐ30歳、独身。
特徴は、血を見ると卒倒するし、美しい若い女性を見ると逃げ出すという、刑事らしくも、独身男性らしくもない、童顔の優男で、相棒は三毛猫。

そんな義太郎が、とんでもない特別任務を命じられた。
にゃんと、それは、ミス警視庁コンテストの審査員!
ふつうの男なら大喜びで引き受けるところが、義太郎にとっては大災難。
しかも、そこで殺人事件が起き、殺された婦警はどうやら義太郎の上司の愛人・・・?

『三毛猫ホームズのバカンス』

片山義太郎、妹の晴美、三毛猫ホームズ、石津刑事は、柄にもなく(?)リゾートホテルで休暇を楽しんでいた。
そのホテルの常連客は、毎年同じ時期にバカンスにやってくる人が多い。
当然、ホテルの従業員は常連客の顔を覚えるし、常連同士は知り合いにもなる。
男と女が知り合いになれば、優雅なバカンスの非日常、恋の一つや二つ、生まれても不思議ではない。
相手がたとえ、既婚者であったとしても。
そして、浮気につきものなものといえば、嫉妬、敵意、あるいは、殺意・・・

<h3『三毛猫ホームズの温泉旅行』

片山義太郎、妹の晴美、三毛猫ホームズ、石津の4人は、今度は古い温泉旅館でくつろいでいた。
その旅館には、見るからに新婚なカップルと、その場に似つかわしくない女も泊まっていた。
その夜、騒ぎが起こる・・・

『三毛猫ホームズの殺人展覧会』

絵画の展覧会に出品された絵と、まったく同じ殺され方をした死体が見つかった。
その画家は、そのような過激な画風で売り出した画家だった。

「ショートショート 三毛猫ホームズのバースデー・パーティ』

三毛猫ホームズからの付録(おまけ)。
文庫本8ページの短編ですから、内容は書きません。
ミステリーのネタバレなんて、したくありませんからね。

(1987年11月24日)

三毛猫ホームズシリーズ

 

書評:赤川次郎『三毛猫ホームズの運動会』

書評:赤川次郎『三毛猫ホームズの運動会』

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの運動会』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:角川文庫
  • 発行:昭和61年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説 短編集
  • ISBN:4041497868
  • 435ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物: -

 

目次(抜粋)

  • 三毛猫ホームズの運動会
  • 三毛猫ホームズのスクープ
  • 三毛猫ホームズのバカンス
  • 三毛猫ホームズの温泉旅行
  • 三毛猫ホームズの殺人展覧会
  • 三毛猫ホームズのバースデー・パーティ
  • 解説・・・横井司

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

管理人宅の猫

うちの三毛猫

書評:赤川次郎『三毛猫ホームズの運動会』

書評:赤川次郎『三毛猫ホームズの運動会』
7.5

猫度

4.0 /10

面白さ

8.0 /10

猫活躍度

8.5 /10

読みやすさ

9.0 /10

猫好きさんへお勧め度

8.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA