書評:森久紗『犬、ネコたちを捨てないで』

森久紗『犬、ネコたちを捨てないで』

 

縁があったの 救わねば ならぬ。

 縁があったの 救わねば ならぬ 
   徹夜だ 徹夜だ 天に祈って
  村の 廃家に檻を置く
page 12

この本は自由詩集です。
短歌に近い形ですが、五七五七七の字数にこだわってはいません。
自由に歌っています。

著者は犬猫達を保護して二十数年。
現在犬30匹猫38匹と暮らしている方です。
三重県鳥羽水族館の応援で、木の実アクセサリーコーナーなども経営しておられます。

 
手を差しのべても のべても逃げる犬
   もう少しで 幸せあげたのに
page 7

飢えて泣いている 猫哀れ
   私の置いた餌箱を
  投げて 捨ててる 人悲し
page 19

間に合った 間にあった 知らせを
  聞いて シロ子ちゃん
やっと助けた 腕の中
page 24

森久紗『犬、ネコたちを捨てないで』

森久紗『犬、ネコたちを捨てないで』

せつない詩ばかりですが、ぜひ皆様にも読んで頂きたい詩集です。
これを読んでなお犬猫を捨てようとする人は鬼です。

私(サイト管理人)からもお願いします。

どうか、犬猫を捨てないでください。
犬猫も家族の一員です。
最後までお世話してあげてください。
老いても、病気になっても、見捨てないで、さいごまで介護してあげてください。

それでも、どうしてもやむを得ない事情で、どう頑張ってもどうしても飼えなくなったら、里親募集してください。
今はネットでも里親募集できます。
お願いします。

うちの猫たち、全員が野良猫・捨て猫出身です。
全員が、今は私の宝です。
でも、捨てられたまま、餓えて冷たくなっていく犬猫も多いのです。
多分死んでしまう子の方が、保護される子より、多いのです。
保健所/愛護センターに持ち込まれた動物たちも、多くは殺処分です。
特に猫は、救い出される子はわずか、殺処分されてしまう子の方がずっと多いのです。

そして、新しく犬か猫を迎える場合は、・・・

健康で愛らしい子犬・子猫ばかりでなく、
成犬・成猫や、ハンディのある子にも、目を向けてあげてください。

(2003.9.21)

森久紗『犬、ネコたちを捨てないで』

森久紗『犬、ネコたちを捨てないで』

森久紗『犬、ネコたちを捨てないで』

森久紗『犬、ネコたちを捨てないで』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『犬、ネコたちを捨てないで』

  • 著:森久紗(もり ひさ)
  • 出版社:文芸社
  • 発行:2003年
  • NDC:911.6 短歌集
  • ISBN:4835563077
  • 115ページ
  • 登場ニャン物:多数
  • 登場動物:犬多数

 

 

著者について

森久紗(もり ひさ)

三重県生まれ。鳥羽水族館の応援にて伊豆急下田ロープウェイ(水のない水族館)木の実アクセサリーコーナー経営、藤田海中水族館黒真珠コーナー経営。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

管理人宅の猫

うちの猫たちも全員、捨て猫・野良猫出身です

管理人宅の猫

私が見つけた時、この子、くるるんは、わずか130gの赤ちゃんでした。小さくて今にも壊れそうな赤ちゃんでした。今はこんなにやんちゃに。

縄文犬

うちの犬・ゴンも、元捨て犬。

森久紗『犬、ネコたちを捨てないで』

森久紗『犬、ネコたちを捨てないで』
9.3

動物度

9.9 /10

面白さ

8.0 /10

うるうる度

9.8 /10

猫好きさんへお勧め度

9.5 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA