南部和也・南部美香『ネコともっと楽しく暮らす本』

南部和也・南部美香『ネコともっと楽しく暮らす本』

 

キャットドクター夫婦が書いた、猫の為の本。

南部夫妻はどちらも獣医さん、それも、猫専門のキャットドクター。
アメリカはロサンジェルスのキャットホスピタルで勉強した猫の専門家です。

それだけに、猫のことが大変わかりやすい本に仕上がっています。

日本の大学では獣医科といってもいまだに昔ながらの産業動物=牛など大型家畜が中心だと聞きます。
小動物の授業は増えてきてはいるものの、猫の診察などは大学を出ても即戦力にはほど遠く、獣医師免許を取ってからあらためて勉強・研修しなければ立派な獣医師とはなれないそうです。
しかも、長らく猫診察は犬の応用に過ぎなかった。犬と猫とでは全然別な動物なのに。

南部夫妻が師事したアメリカの獣医師は、なぜ動物全般ではなく、猫だけを診るドクターをやっているのかと聞かれ、
「ネコをよりよく診たいからだ。ネコはイヌがいては診察しにくい」
と答えられたそうです。

これは私達一般飼い主も同じ気持ちだと思います。

動物病院につれていくだけでもネコは緊張するのに、見知らぬイヌの鳴き声がワンワン響きイヌの臭いがプンプンしているような病院では、健康なネコだって検査で異常数値をだしてしまうかもしれません。
ましてや「イヌの応用」でネコを診てほしくはないのです。ヒトである自分が「猿の応用」で診てほしくはないのと同じように。

残念ながら、診察だけでなく、獣医さんが書いた本までも、その多くが「イヌの応用」の範囲を出ません。あるいは「イヌのついでに」ネコのことも一応書いておいたぞ、みたいな本が多いのが日本の現状です。
ペットフード工業界の調査では、日本の猫の飼育数はどんどん増えて今や1163万6千頭と、犬の飼育数1245万7千頭にもう少しで追いつきそうです(平成16年度)。
またイギリスなどペット先進国ではすでに猫の飼育数が犬を上回っているそうです。
日本も近い将来に猫が犬を追い抜くでしょう。
これは現代日本人の生活環境を考えれば当然のこととして予測されることです。
何も猫サイトだから猫をひいきしているわけじゃありません。

この本は、さすが猫専門医の本といえます。
ネコを、イヌの代替物ではなく、ちゃんとネコとしてみています。
ネコはネコでしかあり得ないという視線です。
獣医さんの本でこういう視線はとても嬉しく感じられます。

内容的には、ネコと暮らすための基礎知識一般、と言えばよいでしょうか。
医学書ではありません。猫エッセイみたいな感じでさらっと読めます。
しかし詰め込んである情報は濃いものがあります。
猫ベテランなら当然と思われる記述が多いかもしれませんけれど、猫初心者にはとても役立つ内容だと思います。
知識もそうですが、それ以上に、猫に対する考え方とか接し方に、教わる点が多いだろうと思うのです。

変な実用書(飼育マニュアル)を読むより、こういう本を1冊じっくり読まれた方が、猫さんとの生活は題名通り「もっと楽しく」なるでしょう。

(2006.4.12)

南部和也・南部美香『ネコともっと楽しく暮らす本』

南部和也・南部美香『ネコともっと楽しく暮らす本』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ネコともっと楽しく暮らす本』
副題、シリーズ名など

  • 著:南部和也(なんぶ かずや)・南部美香(なんぶ みか)
  • 出版社:三笠書房王様文庫
  • 発行:2000年
  • NDC: 645.6(畜産業・家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4837960235
  • 258ページ
  • 登場ニャン物: 多数
  • 登場動物: -

 

目次(抜粋)

  • はじめに―ネコについてのあらゆる疑問に答えます
  • 第1章 思わせぶりな”ネコの本心”はどこにある?
    • 1.クレオパトラにも愛された”高貴な血筋”?
    • 2.「居心地のいい場所」はネコが知っている?
    • その他
  • 第2章 ネコの体は不思議がいっぱい!
    • 1.ご主人の車のエンジン音がわかる!?
    • 2.”猫舌”ってホント?-食べ物の温度はどれくらいがいい?
    • その他
  • 第3章 気まぐれなのに憎めない・・・ネコの行動学
    • 1.「汚れたトイレは大きらい!いつもきれいが好きだニャー」
    • 2.「リードをつけてお散歩」なんて、最高におしゃれ!
    • その他
  • 第4章「具合が悪いニャー」のサイン、知ってますか
    • 1.甘く見ると大変・・・ノミは吸血鬼ドラキュラ
    • 2.ネコだって”輝く白い歯”でいたい!
    • その他
  • 第5章 さぁ、ネコちゃん病院へ行きましょう!
    • 1.診察室でも”借りてきたネコ”みたいにおとなし?
    • 2.「病院なんて嫌ニャー」と思わせないノウハウ
    • その他
  • 第6章 だから、やっぱりネコが好き!
    • 1.北里博士は言った・・・「一家に一匹、ネコを飼うように」
    • 2.あなたの手足に”ハンターの血”がさわぐ!
    • その他

 

著者について

南部和也(なんぶ かずや)・南部美香(なんぶ みか)

北里大学獣医学科卒業。夫婦で動物病院を開業後、ロサンゼルスのドクター・トーマスのもとで一年間の研修を受ける。帰国後は、ネコを専門に診る”キャットホスピタル”を東京に開業、大きな話題になる。月間『キャッツ』の連載、スカイパーフェクトTV『パラサのニャンだーランドにゃんにゃんクリニック』などでも活躍。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

南部和也・南部美香『ネコともっと楽しく暮らす本』

8.9

猫度

10.0/10

情報度

8.5/10

お役立ち度

8.5/10

おすすめ度

8.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA