書評:そにしけんじ『猫だからね』

そにしけんじ『猫だからね』

 

大作家先生が、実は猫だったら?

中学校の先生が、実は猫だったら?
(人間用)お医者様が、実は猫だったら?
孫悟空が、実は猫悟空だったら?
その他、その他。

なんせ、『猫ピッチャー』等で有名な、そにしけんじ氏のマンガです。
面白くないワケがない!

どこをどうやればここまで「猫の可愛さ」を引き出せるのかと感心してしまうほど、
かぁ~わいいっ!
そして、
おもしろい!

第一話の、一番最初
『うさぎとカメとねこ』
ここでもう、うん、うん、うん、うん、と4回はうなづいてしまいます。

私の一番のお気に入りキャラは、猫作家さん。
小説家のようですが、いったいどんな作品を書いているのでしょうね。
ぜひ読んでみたいものです。

猫忍者も出て来ます。
猫ならさぞ、忍者はまさに適職と思われるでしょうが、

猫だからこそ、忍者にもあまり向いていないようですね(プププッ)

にゃんにせよ、

最高に可愛い「猫あるある」猫マンガです。
3コマ~10コマと、長さがバラバラ気まぐれなのも、これまた猫らしくて良い?

(2017年11月12日)

 

そにしけんじ『猫だからね』

そにしけんじ『猫だからね』帯

そにしけんじ『猫だからね』

そにしけんじ『猫だからね』裏表紙

そにしけんじ『猫だからね』

登場ニャン物も個性派ばかり

そにしけんじ『猫だからね』

この子もかわいいにゃあ

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫だからね』

  • 著:そにしけんじ(そにし けんじ)
  • 出版社:幻冬舎
  • 発行:2017年7月10日
  • NDC:726(マンガ、絵本)猫マンガ
  • ISBN:9784344031395
  • 125ページ
  • モノクロ
  • 登場ニャン物:猫作家先生、ねこ、ニャスケ、猫悟空(にゃんごくう)、猫八戒(にゃはっかい)、猫悟浄(にゃごじょう)、竜王、つり名人猫、猫先生、ターキー、猫大工、猫ボクサー、猫ドクター、猫シェフ、イングリッシュキャットティーチャー、猫空手家
  • 登場動物: うさぎ、カメ、魚、アリ、キリギリス、ネズミ、ライオン、鶴、他

 

 

著者について

そにしけんじ

大日本印刷株式会社勤務を経て漫画家に。読売新聞日曜版連載中の『猫ピッチャー』をはじめ、『ねこねこ日本史』 『ねこ戦三国志にゃんこ』など著書多数。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

そにしけんじ『猫だからね』

そにしけんじ『猫だからね』
9.8

猫度

10/10

面白さ

10/10

猫好きさんへお勧め度

10/10

書評:そにしけんじ『猫だからね』” に対して 2 件のコメントがあります

  1. すみれ より:

    猫ピッチャーのミーちゃんがうちのぴこたんそっくりの愛らしさなのですが、
    この本のこたちもかわいいですね!
    明日本屋をあさってみます!

    1. nekohon より:

      かっわいいから、ぜひ~
      こんな猫ちゃんたちが、実社会でもいたらいいのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA