薄井ゆうじ『天使猫のいる部屋』

薄井ゆうじ『天使猫のいる部屋』

 

電子猫とは?。

1996年、「たまごっち」が爆発的に流行した。1999年にアイボが市販された。この本は、それらの電子(機械)ペットを先取りする内容で、1991年に発表されている。

グラフィックデザイナーの「僕」は、ある日、奇妙な注文を受ける。猫の手を本物そっくりに作って欲しいというのである。なんとか仕上げると、次は耳、さらにしっぽ、と、つぎつぎに注文される。どうやら注文主は天才ゲーム・プログラマーらしい。

「僕」は、実際に猫を飼って観察しながら、ひとつひとつ丹念に仕上げていく。何ヶ月もかけて、やっと猫の体の全パーツが揃った。

そして、それは「電子猫」として発売されることになる。

パソコン画面から出ないという点を除いては、本物そっくりな猫、販売もおもちゃ売り場ではなく、ペットショップで・・・

そして、物語は思いがけない方向に展開していく。

本物の猫も一応登場するが、あくまで脇役。主役はコンピュータ画面である。

お勧め度があまり高くないのは、本物の猫の活躍が少ないから。小説としては面白かった。
もしこの本を、書かれた年(1991年)に読んでいたら、パソ音痴の私には今ひとつ実感として理解できなかったかもしれない、しかし、今なら誰でもよく理解できるだろう。
10年前ではなく、今読んでよかったと思った。

(2003.3.6)

薄井ゆうじ『天使猫のいる部屋』

薄井ゆうじ『天使猫のいる部屋』

薄井ゆうじ『天使猫のいる部屋』

薄井ゆうじ『天使猫のいる部屋』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『天使猫のいる部屋』

  • 著:薄井ゆうじ (うすい ゆうじ)
  • 出版社:角川春樹事務所
  • 発行:2000年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:4894567032 9784894567030
  • 297ページ
  • 登場ニャン物:スス、スシヤ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

薄井ゆうじ (うすい ゆうじ)

茨木県生まれ。イラストレイター、広告及び編集プロダクション経営を経て、88年「残像少年」で第51回小説現代新人賞を受賞し、作家生活に入る。94年『樹の上の草魚』で第15回吉川英治文学新人章を受賞。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

薄井ゆうじ『天使猫のいる部屋』

7.7

猫度

6.5/10

面白さ

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

8.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA