フィッシャー『こねこのぴっち』

フィッシャー『こねこのぴっち』

 

こねこのぴっちが、なりたかったもの。

掲示板に推薦をいただきました。

【推薦:にゃぐ様】

 顔の真ん中とお腹が白い(シルベスターのように)ぴっちは、猫以外の者になりたくて旅に出る。でもやっぱり猫が一番好いな、というお話。

外人が愛らしいと感じる猫が描かれている、牧歌的な背景画と擬人化された動物の仕草がほほえましい。
(2002.4.18)

 

【推薦:くーたん様】

「猫本」に推薦します。友人に頂いた本ですが、子供さんに読んで頂きたい絵本です。
(2003.6.9)

フィッシャー『こねこのぴっち』

フィッシャー『こねこのぴっち』

で、私も買いました。

いかにも外国産の絵本という絵です。
雰囲気も、おばあさんの服装も、置いてある道具も、それから、周辺にいる動物達も。
ヨーロッパの典型的な「昔の牧畜農家」って感じなんです。

ぴっちは、5ニャンきょうだいでした。
でも、ぴっちだけ、すこし変わっていました。

ぴっちはある日、外に出て、ひとりで歩き始めます。
いろいろな動物達に出遭います。
犬、ニワトリ、ヤギ、アヒル、ウサギ。
ぴっちは、犬を見ては犬になりたいと思い、ニワトリを見てはニワトリになりたいと思い、しかしすぐに、なりたくない理由も見つけます。
そうこうしているうちに、池にはまったり、閉じ込められたり。
さて、こねこのぴっちは、どうなるのでしょうか?

大人にとって、ストーリーは別にどうってことのないものでしょうけれど、絵がかわいいのです。
読む、というより、飾っておきたくなるような絵本。

著者のハンス・フィッシャーは、スイスの名高い画家でデザイナーです。
この絵本は、彼の小さい娘さんのために作られたそうです。

フィッシャー『こねこのぴっち』

フィッシャー『こねこのぴっち』

フィッシャー『こねこのぴっち』

フィッシャー『こねこのぴっち』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『こねこのぴっち』
岩波の子どもの本

  • 著:ハンス・フィッシャー
  • 訳:石井桃子(いしい ももこ)
  • 出版社:岩波書店
  • 発行:1954年
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:9784001151121
  • カラー
  • 原書:
  • 登場ニャン物:ぴっち、まり、るり、ぐりぐり、ぐろっぎ、ぱっち、みっち
  • 登場動物:いぬ、にわとり、やぎ、あひる、うさぎ、他

 


ショッピングカート

 

フィッシャー『こねこのぴっち』

8.1

猫度

9.8/10

面白さ

6.5/10

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA