風野真知雄『猫見酒』

風野真知雄『猫見酒』

 

「大江戸落語百景」。

それぞれ25ページほどの短編を十話集めたもの。「大江戸落語百景」の副題通り、いずれも江戸時代の庶民の生活を面白ろおかしく描いたもので、最後に落ちが付く。

猫が出てくるのは、『第七席 化け猫屋』と、タイトルにもなっている『第九席 猫見酒』の2つ。

『化け猫屋』は、ある猫婆さんの話。化け猫は出てこない、むしろ化け物は人間?

『猫見酒』は、呑ン兵衛な男たちの話。ただ飲むのも無粋だと、風流を気取ろうとした。雪見酒?月見酒?
花見酒はこの間やったばかりだし、雨見酒じゃ陰気だし。そこへどこからともなく現れたかわいらしい猫。

そうだ、猫見酒なんてどうだ?実に風流じゃないか!

この話の落ちは、猫好きさんなら「うん、うん」とうなづきたくなるような結末です。乞うご期待。

どの話も面白くて、お江戸らしい人情味もあって、一気読みしてしまいました。

(2012.3.18.)

風野真知雄『猫見酒』

風野真知雄『猫見酒』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫見酒』
大江戸落語百景

  • 著:風野真知雄(かぜの まちお)
  • 出版社:朝日文庫
  • 発行:2011年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:9784022646293
  • 264ページ
  • 登場ニャン物:タマ、ミミまたはクロエ
  • 登場動物:

 

目次(抜粋)

第一席 ご天寿うなぎ
第二席 下げ渡し
第三席 無礼講
第四席 百一文
第五席 無尽灯
第六席 編笠息子
第七席 化け猫屋
第八席 けんか凧
第九席 猫見酒
第十席 苦労寿司

 

著者について

風野真知雄(かぜの まちお)

福島県生まれ。作家。立教大学法学部卒。93年「黒牛と妖怪」で第17回歴史文学賞受賞。2002年第1回北東文学賞を受賞。著書に、『耳袋秘帖』『若さま同心 徳川竜之介』『妻は、くノ一』『爺いとひよこの捕物帳』『八丁堀育ち』の各シリーズなど多数。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

風野真知雄『猫見酒』

風野真知雄『猫見酒』
6.3

猫度

5.0 /10

面白さ

7.0 /10

猫好きさんへお勧め度

7.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA