くまくら珠美『猫又指南』

くまくら珠美『猫又指南』

 

その猫は、コレステロール値が高くて、耳の聞こえない、デブな白猫(10kg近い)だった・・・。

表紙の絵を見て、アレこの作風、妙になじみがあるけど、どこで見たマンガだったかなあ?としばし頭をひねり、・・・

昔なら思い出すまで意地でも頭をひねり続けたけれど、歳とともにそれだけの気力(あるいは記憶力に対する自信)を失って、すぐに本を手に取ってひっくり返し、奥付を見た。
たちまち判明した。なつかしの猫専門誌、『猫の手帖』に掲載を持っていた著者だ。道理で。

第1話をこそりと立ち読みして、これは買うしかないと思った。

ある日、ネットサーフィンしていた「ガハク(著者)」は、マイナスイメージばかりの里親募集をみつける。

『推定で8歳、オスの白猫、ブルーアイでコレステロール値が高く、太めで耳が聞こえません。』

こんなマイナスイメージばかりの宣伝で、里親希望者は現れるのか?
気になって仕方がない。
が、すでに2匹のママハハだし。
これ以上は・・・
これ以上は・・・

何かが頭から離れず。

くまくら珠美『猫又指南』

くまくら珠美『猫又指南』

・・・

決断。

かくて、3ニャンと暮らすことになったガハク。
耳が聞こえない事は「雪男の障害ではなく、個性のひとつです。」
耳が聞こえなくても、ちゃんとコミュニケーションが取れるし、

「こんな面白い猫をもらうことができたなんて、宝くじにあたった気分。」

くまくら珠美『猫又指南』

くまくら珠美『猫又指南』

実は、私も同じです。
私の場合は、里親に立候補したのではなく、拾って里親募集したけれど売れ残ってしまった寄り眼猫トロですが
「こんな面白い猫と暮らせるなんて、宝くじに当たったよりラッキーな気分。」
一緒に暮らしてくれてありがとうなのです。

シュールな絵の中に、淡々と、ギュウギュウと、猫の魅力が詰め込まれています。
男女を問わす楽しめる4コマ漫画です。
(2011.10.22.)

くまくら珠美『猫又指南』

くまくら珠美『猫又指南』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫又指南』
NEKO MOOK 1414

  • 著:くまくら珠美(くまくら たまみ)
  • 出版社:ネコ・パブリッシング
  • 発行:2009年
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:9784777009145
  • 125ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物:チビ、タロウ、雪男(ゆきお)
  • 登場動物:-

 

著者について

くまくら珠美(くまくら たまみ)

本作品は2000年3月から月刊「猫の手帖」(猫の手帖社)で開始し、約8年にわたり、掲載誌が休刊となった2008年5月まで連載がつづいた。猫のマンガのフィールドでは、フェミニンな作品が多い中、シュールなタッチと内容で、大人の女性にとどまらず、コアな男性のファンも多い。マンガ意外にリキテックスを使った猫おイラストを制作。現在ニューヨークに拠点を置き活動。その日常をつづった絵日記をブログで配信中。
http://nekomatashinbun.blog.fc2.com/

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

くまくら珠美『猫又指南』

0.00
9.6

猫度

9.8/10

面白さ

9.5/10

猫好きさんへお勧め度

9.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA