實吉達郎『トラvsライオン』

實吉達郎『トラvsライオン』

 

副題:『獣の王決定戦シミュレーション』。

トラとライオン。
もし戦ったら、どちらが強いのか?

これは、動物好きならずとも、一生に一度は発する質問に違いない。

どちらも大きく狂暴で、巨大な牙と鋭い爪、しなやかな筋肉におおわれたその体は、見るからに強そうだ。
まさに肉食獣の最頂点に立つ動物たちである。

著者の実吉達郎氏も、子供の頃から疑問に思っていたという。
しかし

「実はこれは千古の大疑問といってよく、(中略)、教授でも博士でも明快に答えられはしない。」
「そこでそういう『需要』に応じて、出来るだけこの大疑問に答えてみようとしたのがこの本である。もし、読み終わって、不満を感じたり、反論が胸に浮かんだら、それはつつしんで承ります。いぜん、決着はついていないじゃないか、とお考えになったとしても、それが私の答えなのです。」

結論を書くな、本を読む興味が薄れるじゃないか、と怒られるかもしれない。

が、動物たちについて少しでも知っている人なら、トラとライオンが戦ったりしないことはご存じのはずだ。
少なくとも野生の状態で、そんな馬鹿げたことはしない。

もしトラとライオンが戦ったとしたら、それは飼育下の、それもきわめて不自然な状況でのみ・・・どちらが勝ったにせよ、そんな不自然な戦いが、正当な勝敗結果と認められるだろうか?

實吉達郎『トラvsライオン』

實吉達郎『トラvsライオン』

そういう意味では、結論よりも、そこへいたる考証過程を楽しむ本である。
実に様々な方面から論じられている。
トラ・ライオン以外の動物も多々出てくる。
多くの文献が引き合いに出され、多彩な場面が語られる。
ワクワクするほど面白い。

そして最後に、どちらが強いかはわからないとは言いつつも、著者は非常に控えめに、著者自身の考えを述べる。
実吉達郎が考える、どちらかといえばやや強みがある動物とは果たして、トラなのか、ライオンなのか?

それは申し訳ありませんがここには書けません。
読んでのお楽しみということで・・・(*^_^*)。

(2008.3.20.)

實吉達郎『トラvsライオン』

實吉達郎『トラvsライオン』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『トラvsライオン』
獣の王決定戦シミュレーション

  • 著:實吉達郎(さねよし たつお)
  • 出版社:光風社出版
  • 発行:1994年
  • NDC:489.53(哺乳類・ネコ科)
  • ISBN:4875197578 9784875197577
  • 237ページ
  • 登場ニャン物:トラ、ライオン
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

第1章 コロッセウムのトラとライオン 
  -トラが勝つという記録上の根拠

第2章 ローマのトラはどこから来たか
  -四年もかかった護送の旅

第3章 ヒョウがトラに勝つって本当か
  -ヒョウに殺される少年殉教者

第4章 サーカスのトラとライオンの勝敗
  -第一、ライオンに檻が破れるのか?

第5章 動物園のライオンとトラ、ヒョウ
  -私の職場にいた猛獣たち

第6章 インドの王はトラとライオンを戦わせたか
  -人獅子(ナラシンバ)ありトラの神あり

第7章 インドライオン興亡史とトラ
  -かつてインドで両雄の決戦があった?

第8章 トラ、ライオンの徹底的比較
  -より進化した方が強いか

第9章 両雄の戦いの「実写」を見た
  -クラレンス君の活躍

第10章 一夜に一八頭のライオンを斃す
  -過去のライオンと人との攻防

第11章 トラを説得するゴリド人デルスウ
  -過去のトラと人との攻防

第12章 トラほど多くの人を殺したものはない
  -人食いトラの記録と物語

第13章 マン・イーターは好みの問題?
  -人食いライオンの記録と物語

第14章 猛虎に襲いかかる赤い狩猟軍
  -トラに勝つ野生動物は何か

第15章 「百獣の王」どころの騒ぎじゃない
  -ライオンを負かす「野犬群」とは何か

第16章 御馳走を食い損ねた黒い怪獣
  -実在した黒いトラと白いトラ

第17章 ライオンのプライドの持つ機能
  -怠け王も楽じゃないのだ

第18章 放蕩息子の帰還後はどうなったか
  -若いライオンの“人生”

第19章 トラが来たぞとサンバーは咆える
  -孤独なトラの現実生活

第20章 大樹海は王の領土(ウラデーニエ)であった
  -一九〇〇年代のアムールトラの生態

第21章 ヒグマはトラの向こうを張る
  -教授達の意見は対立する

第22章 ゾウに対してはどうか
  -発情注のゾウは最も恐ろしい

第23章 サーベルタイガーに子孫あり
  -ユキヒョウとウンピョウ

第24章 ジャガーは第三獣王か
  -トラと“アメリカトラ”の比較

第25章 次席を占める万能選手
  -ピューマはジャガーの好敵手か

第26章 サイに対してはどうか
  -アジアとアフリカの貴重な角

第27章 カバに対してはどうか
  -四五キロもある赤ん坊を狙う

これまでの総括

 

著者について

實吉達郎(さねよし たつお)
広島県呉市に生まれる。東京農業大学卒業後、三里塚御料牧場、野毛山動物園勤務を経て、1955-62年までブラジルに在住し、移民生活をしながら動物研究を行う。帰国後、動物ライター、ノンフィクションライターとして活躍すると共に、現在、動物文学会会員、自由ヶ丘アカデミア学院長、日本動物植物専門学院講師。
著書「動物故事物語」(河出書房新社)「キリンの首はなぜ長いのか」(PHP研究所)「あにまる博物誌」(ファラオ企画)「知らなきゃ恐い生物常識」(廣済堂出版)他多数。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

實吉達郎『トラvsライオン』

7.3

動物度

9.8/10

面白さ

7.0/10

情報度

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

4.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA