瀬垣由維『猫たちの時間』

瀬垣由維『猫たちの時間』

 

超金持の家にバイトにはいった大学生は・・・。

孤児で、ドジで、またまた下宿を追い出された無一文の大学生、それが俺、滝志郎。あてもなく道を歩いていたら、果てしなく続く煉瓦塀に行き当たった。何かの公共建築物・・・いや、ちがう、個人の住宅らしい!にしても、なんという広さだ!なんという大金持ちなんだ!

しかも、その門柱には「アルバイト募集」の張り紙が。仕事内容、遊び相手、条件、住み込み。

‘俺’は今、住むところはないし、第一腹が減ってこれ以上歩くことも出来ない。たまたま現れた猫に誘われるように邸に入っていく。なぜか雇用してもらえた。雇用主は、まだ17歳の少年。

が、こんな大金持ち、無事で過ごせるはず無いよね。大金持ちに必ずつきものの、骨肉争う相続問題、家庭崩壊、そして、連続殺人事件。

読後の感想は、なんか中途半端だなあというものだったが、それも道理で、どうやらシリーズ化される予定らしい。というより、すでに個人誌でシリーズ物として出されているそうだ。主人公の少年が非常に細かく描写されている一方で、他の登場人物の描写が荒く、そのギャップが‘中途半端’と感じた主原因である。しかしシリーズ物の第1作だと考えればそれはまあ理解できる。

猫のルトは随所にまとわりつくように登場してくるが、猫としてというより、象徴のような存在。名脇役ではあるけれど、脇役以上の存在ではない。
 
著者は育児のため、専業主婦となった後、現在HP上で作家活動中。

(2005.3.22)

瀬垣由維『猫たちの時間』

瀬垣由維『猫たちの時間』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫たちの時間』

  • 著:瀬垣由維 (せがき ゆい)
  • 出版社:新風舎文庫
  • 発行:2004年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:4797490233 9784797490237
  • 203ページ
  • 登場ニャン物:ルト
  • 登場動物:-

 


ショッピングカート

 

瀬垣由維『猫たちの時間』

6

猫度

6.0/10

面白さ

6.0/10

猫好きさんへお勧め度

6.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA