『たまたま・ネコ』

『たまたま・ネコ』

 

21人の作家による23の猫短編集。

小説とエッセイです。
短編をそのまま掲載したもの(『愛撫』など)、中・長編の一部を抜粋して掲載したもの(『ねこに未来はない』など)があります。
抜粋しているものの中には、別に感想を書いているものもあります、それらはリンクしましたのでそちらをご参照ください。
  

『ネコロマンチシズム』
  内田百閒(うちだ ひゃっけん)
百閒には、名作「ノラや」がある。愛猫ノラが行方不明になり、あらゆる手を尽くして探しまわったが見つからず、ひどいペットロスに苦しんだ心境を赤裸々につづったものである。そのノラへの思いが、この短編にも書かれている。

  
『猫の配達する手紙』
  松本恵子(まつもと けいこ)
通い猫ゴロザエモン君について、4ページとごく短いもの。

  
『怪猫伝』
徳川夢声(とくがわ むせい)
どっちかと云うと猫嫌いの「私」の家に、大きな猫が住み着いた。「とにかく異様なやつで、全身真っ黒々、目は青葡萄色で、しっぽは無闇に長く、一見して、日本種ではないような風貌を備え」た猫だった。

  
『猫の事務所』
  宮澤賢治(みやざわ けんじ)
こちらをご覧下さい→「猫の事務所」

  
『猫のいる日々ー黙っている猫・猫家一族』
  大佛次郎(おさらぎ じろう)
こちらをご覧下さい→「猫のいる日々」

  
『猫』
  尾崎一雄(おざき かずお)
子猫と、大きな猫と、妊娠している妻と、極貧の作家。
下宿の支払いはたまっている、妻は今にも産みそうだ、生と死と猫の絡みが絶妙である。

  
『猫の子』 
  中村汀女(なかむら ていじょ)
4ページの小品。

 
『愛撫』
  梶井基次郎(かじい もとじろう)
こちらをご覧下さい→「愛撫」

  
『返りネコ』
  乾信一郎(いぬい しんいちろう)
ただの一度だけ、ひとさまにわが家の子ネコをさしあげたことがある、その時の話。4ページ。

  
『のら猫出現と給食定期便』
  飯島奈美子(いいじま なみこ)
こちらをご覧下さい→「銀座のら猫物語」

  
『優雅なカメチョロ』
  室生朝子(むろう あさこ)
信州ではトカゲのことを「カメチョロ」と呼ぶそうだ。室生朝子の父・室生犀星は、苔の中をとび回る姿がトカゲによく似ていたので、「カメチョロ」という愉快な呼び名をもらった。

  
『猫の絵』
  鴨居羊子(かもい ようこ)
「いつごろからか、私の絵には必ず犬や猫が登場するようになった」。猫は存在自体が芸術的だという鴨居さんの猫エッセイ。

  
『猫と女』
  小島功(こじま こう)
戦前の話。不思議な女性と、その飼い猫。若くウブな「ぼく」はどちらに惹かれたのだろうか。

  

『ニャンともおかしなこと』
  なだいなだ
ぶくぶく中年太りになった、ぐうたらのネコ、ミヌー君。そのミヌー君をまねてみる「ぼく」。家族の女性どもは、「この二つのオスを、あきれはてたような表情で見まもっていたが」、ぼくはぼくなりに考察を深めているのだ。

  
『武者修行に出かけたチャミー』
  高田宏(たかだ ひろし)
世界の各地で猫には魔力があると信じられてきた。著者の、猫たちにまつわるちょっと不思議な体験談など。

  
『ネコ』
  三木卓(みき たく)
バスの窓から見えるネコたち。アパートの四階の窓から見えるネコたち。かつて、「四九匹のネコが共同して一軒の家の家主になっている、という童話『おおやさんはねこ』を書いたことが」ある著者の目はいつもネコを追っている。

  
『ネコの航海日誌ーぼくは猫する・さようならという名の猫』
  寺山修司(てらやま しゅうじ)
二編の猫の詩です。

  
『二匹の猫のこと』
  立原えりか(たちはら えりか)
猫嫌いだった母が一度だけつきあった猫、クロの話と、いつもガタンドタンと音を立てて歩くため「ガタン」と呼ばれた猫の話。

 
『私の猫たち許してほしい』
  佐野洋子(さの ようこ)
猫好きの佐野さんの、まだ無知だった幼い頃の思い出。

  
『ねこに未来はない』
  長田弘(おさだ ひろし)
こちらをご覧下さい→「ねこに未来はない」

  
『それぞれの孤独』
  熊井明子(くまい あきこ)
ペットショップにいた売れ残りの子猫と、不思議な女の子の話。

 

(2008.2.10.)

『たまたま・ネコ』

『たまたま・ネコ』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『たまたま・ネコ』
愛猫物語-23

  • 出版社:フットワーク出版社
  • 発行:1990年
  • NDC: 913.6(日本文学)短編集
  • ISBN:4876890269 9784876890262
  • 253ページ
  • 登場ニャン物:ノラ、クルツ(以上内田百閒)、トンコ、ゴロザエモン(以上松本恵子)、ミー公(ミーチャン)、玉(以上尾崎一雄)、ユウ子(中村汀女)、ミヌー(なだいなだ)、チャミー(高田宏)、チイ(長田弘)、他
  • 登場動物: -

 


ショッピングカート

 

『たまたま・ネコ』

8.5

猫度

9.0/10

面白さ

7.5/10

猫好きさんへお勧め度

9.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA