アニー・デュペレ『運命の猫』

デュペレ『運命の猫』

 

猫が、記憶喪失の少女を救う。

8歳の時に両親を中毒で一度に亡くし、妹とは別の家に引取られ、それまでの記憶を無くしてしまった少女時代。
その記憶が、猫達をたどるように思い出すことによって、徐除によみがえる・・・。

ある日突然目の前に現れた「運命の猫」。
それは、「私」が選んだ猫でも、ペットショップで買った猫でもなく、猫のほうから彼女を選んでやってきた特別な存在だった。
その柔らかい毛並みに触れ、決して裏切らない目に見守られることによって、「私」は人を愛し、子供を産み、本を書く力を授けられていく。

魂と魂の触れ合いが、どれほど人の支えになるか。猫に全面的によりかかりながら、猫によって成長していく女性の自伝的エッセイ。

「私」は何匹かの猫達と暮らすが、「運命の猫」はティティとミスイの2匹だけだったという。
ミスイが息を引取るときに「私」の幼い娘が見せる果敢でけなげな態度が、印象深い。

デュペレはフランスの女優で作家です。

(2002.5.11)

デュペレ『運命の猫』

デュペレ『運命の猫』

デュペレ『運命の猫』

デュペレ『運命の猫』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『運命の猫』

  • 著:アニー・デュペレ Anny Duperey
  • 訳:藪崎利美(やぶさき としみ)
  • 出版社:人文書院
  • 発行:2002年
  • NDC:954(仏文学)フランス エッセイ
  • ISBN:4409140523  9784409140529
  • 237ページ
  • 原書:”LeChats de Hasard” c1999
  • 登場ニャン物:ティティ、ミナ、ミスイ、ティルー
  • 登場動物:-

 

 

著者について

アニー・デュペレ

フランスのノルマンディー地方ルーアン生まれ。8歳で両親を不慮の事故で失い、記憶喪失に陥る。17歳でパリ国立高等演劇学校入学。ゴダールやアラン・レネ監督の作品など40本近い映画に出演。またジャン・ルイ・バローと共演の舞台、テレビその他、深刻な芝居から喜劇、ミュージカルまで守備範囲の広い実力派女優として知られている。一方、作家としても活躍。映画のシナリオのほか、小説『アドミロワール』、『マザランの鼻』、自伝『黒いヴェール』、『あなたにお手紙を』などがある

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

デュペレ『運命の猫』

7.4

猫度

7.0/10

面白さ

7.0/10

猫活躍度

8.0/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

アニー・デュペレ『運命の猫』” に対して1件のコメントがあります。

  1. nekohon より:

    【推薦:Moel様】

    全て書いてあるような、何もないような、うまくコメント書けません・・・・
    (2002.5.11)

    *サイトリニューアル前にいただいておりましたコメントを、管理人が再投稿させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA