動物百科『動物の狩りの百科』

動物百科『動物の狩りの百科』

 

ライオンなど猛獣類から、イヌワシ、アリジゴク、テッポウウオ、チンパンジーまで。

多伎他種類にわたる54種の生き物たちの狩りの仕方が、写真入りで説明されています。
これほど「狩り」だけに的をしぼった図鑑はめずらしいでしょう。

写真も豊富です。
狩り、ですから、肉食獣が獲物に飛びついている写真も多々ありますが、あまりに血みどろな、おどろおどろしい写真はありません。その辺は考慮されているようです。
そういうところが、うけ狙いだけの雑誌等とは違っています。

ですから、よほど敏感な方をのぞき、安心して本を開いてください。

ネコ科では、ライオン、チーター、トラの3種。飛ぶ鳥をも落とすというカラカルや、ふつうのイエネコもあったらよかったのになあ。

(2002.4.10)

動物百科『動物の狩りの百科』

動物百科『動物の狩りの百科』

動物百科『動物の狩りの百科』

動物百科『動物の狩りの百科』

動物百科『動物の狩りの百科』

うちの近所にもカワセミがいるが、素早すぎて撮影は困難。宝石のように美しい鳥だ。

動物百科『動物の狩りの百科』

植物にも狩りをする種がある。

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『動物の狩りの百科』
動物百科

  • 著:今泉忠明(いまいずみ ただあき)
  • 出版社:データハウス
  • 発行:1995年
  • NDC:480(動物学)
  • ISBN:4887183364 9784887183360
  • 175ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物:ライオン、チーター、トラ
  • 登場動物:各種

 

目次(抜粋)

  • 第1章 攻撃
    • ライオン
    • チーター
    • シャチ
    • オコジョ
    • マングース
    • イヌワシ
    • その他
  • 第2章共同作戦
    • ハイイロオオカミ
    • リカオン
    • ブチハイエナ
    • ピラニア
    • ラーテル
    • ペリカン
    • その他
  • 第3章 待ち伏せ
    • トラ
    • ナイルワニ
    • ホッキョクグマ
    • タガメ
    • アンコウ
    • ワニガメ
    • その他
  • 第4章 探索
    • ガラガラヘビ
    • ホオジロザメ
    • キーウィ
    • フクロウ
    • キツツキ
    • アイアイ
    • その他
  • 第5章 特殊兵器
    • ラッコ
    • エジプトハゲワシ
    • チンパンジー
    • キツツキフィンチ
    • テッポウウオ
    • カメレオン
    • その他

 

著者について

今泉忠明(いまいずみ ただあき)

東京都に生まれる。東京水産大学卒業、国立科学博物館で哺乳類の分類・生態を学ぶ。文部省の国際生物計画(IBP)調査、日本列島総合調査、環境庁のイリオモテヤマネコの生態調査等に参加。トウホクノウサギやニホンカワウソの生態調査、富士山の動物相とその由来などを調査する。上野動物園で動物解説員を勤めた後、現在、(社)富士自然動物園協会研究員として、トガリネズミを始めとする小型哺乳類の生態、行動等を研究している。また、川崎市環境影響評価審議会委員を務め、川崎市の環境保全問題に関わる。1994年からは日本ネコ科動物研究所の所長として、世界のネコ科動物の研究にも取り組んでいる。
(注:省庁名などは出版時原文ママ。)

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

動物百科『動物の狩りの百科』

動物百科『動物の狩りの百科』
7.9

動物度

9.9 /10

面白さ

7.0 /10

情報度

9.5 /10

猫好きさんへお勧め度

5.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA