書評:須磨章『猫は犬より働いた』

須磨章『猫は犬より働いた』

 

よくぞ言ってくれました!超おすすめ♪

猫派にとっては、読んでいてすごく気持ちの良い本である。
こういう本を待っていました!という人は多いのではないだろうか。

タイトル「猫は犬より働いた」、これはおそらく世間一般の常識とは反対だろう。著者自身が後書きでこんなことを書いているくらいだ。

このタイトルは、最初はやぶれかぶれで思いついたものだった。どうせ犬の方が役立っているに違いなく、勝負はみえているが、「挑戦的にいってみよう」という気持ちだ。
あとがきより

しかし、書き終わった著者はこう言う。

いま私は「猫は犬より働いた」という事実を、実感として受け止めているのだ。
あとがきより

私は、しかし、何年も前から信じていた。狩猟と牧畜の国は知らないが、少なくとも我が農業国日本においては、長い歴史上ずっと、猫は、犬よりはるかに有益で重要な動物だった、と。

なぜそう信じるようになったか。

それは私が都会を離れ、辺鄙な田舎の合掌造り古民家に引っ越したからである。

番犬は集落全体で3~4匹もいれば事足りる。しかし昔の農村で、もし猫が全くいなかったらどうなっただろうか。おそらく、全然生活が成り立たなかったといってもいいくらいに、大変なことになったのではないだろうか。

今の世でさえ、どこの家もネズミに悩まされている。この集落でネズミ害がないのは、8ニャンに守られている我が家だけである。だからもう実感として理解できてしまうのだ。猫は農村に必要不可欠だったと。

日本で最初に猫を論じた人といえば宇多天皇(在位887―897年)だが、その文章の中ですでに、「よくネズミを捕る」という表現が見られる。また今昔物語では、猫を怖がる男を「ネズミの生まれ変わりだろうか」と書いている。猫は日本に入ってきた当初からネズミ番として大活躍していた。

この本の中に、興味深いデータがある。

明治42年に内務省が東京の猫の数を調査したところ、もっとも多かった府中では猫飼育率は57.8%、飼育頭数は、戸数14457戸に対し9462匹もいたそうだ(野良猫は含まず)。それに対し、下谷の飼育率はたった2.58%。田舎の府中と都会の下谷の差がすごい。それだけ田舎では猫の役割が重要だったということだろう。

猫たちはずっと、日本人と一緒に生活してきた。猫は、農作物を守り、蚕を守り、人を守った。日本人は犬は西洋人ほど活用できなかったが、猫は西洋人以上に活用した。

我が日本においては、たしかに、猫は犬より働いたのである。

(2005.9.25)

須磨章『猫は犬より働いた』

須磨章『猫は犬より働いた』

須磨章『猫は犬より働いた』

須磨章『猫は犬より働いた』

須磨章『猫は犬より働いた』

須磨章『猫は犬より働いた』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫は犬より働いた』

  • 著:須磨章 (すま あきら)
  • 出版社:柏書房
  • 発行:2004年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4760126546 9784760126545
  • 294ページ
  • 登場ニャン物:多数
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • プロローグ――猫派からの反論
  • 1 現代猫の憂鬱
    • 車が危ない、人が怖い
    • “野良猫”今昔
    • その他
  • 2 日本渡来物語
    • 実録・船の守り神
    • 玄奘三蔵法師のお伴
    • その他
  • 3 唐猫ブーム
    • 天皇のご寵愛
    • “ねうねう”は愛の唄
    • その他
  • 4 お上のお触れ
    • 犬は外、猫は内
    • 高札――放ち飼いにすべきこと
    • その他
  • 5 鼠退治
    • お蚕さまを守れ
    • 殿様の”猫絵”
    • その他
  • 6 時を刻む”猫”
    • 朝鮮出兵・陣中時計
    • 東洋の神秘
    • その他
  • 7 瞳の中に何を見たか
    • 闇夜の救世主
    • 三十万体のミイラ
    • その他
  • 8 貴族の館へ
    • 魔女狩り
    • パリの虐殺事件
    • その他
  • 9 現代猫の”新職業”
    • 世界唯一の”猫劇場”
    • 密輸阻止官の悲劇
    • その他
  • エピローグ――ネコとヒトの未来
  • ネコとヒトの”世界地図”
  • ネコとヒトの”関係史”
  • 参考文献・資料

 

著者について

須磨章 (すま あきら)

東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒。71年、NHKにディレクターとして入局し、本部報道番組部・スペシャル番組部などでドキュメンタリー番組の企画・製作に携わってきた。現在、NHK放送局担当局長として、「放送80周年・世界遺産」を担当している。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

須磨章『猫は犬より働いた』

須磨章『猫は犬より働いた』
9.1

猫度

9.5/10

面白さ

9.5/10

情報度

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

8.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA