ファリッシュ文/ルート絵 『ポテト・スープが大好きな猫』

『ポテト・スープが大好きな猫』

 

村上春樹が一目惚れして翻訳した絵本。

この絵本は、猫好きな村上春樹氏が、
 『ある日アメリカの街を散歩していて、偶然みつけた絵本』
です。

村上氏は

 ぱらぱらとページをめくり、 「うん、これはいいや」と思って買って帰り、机に向かってそのまま翻訳してしまいました。
『訳者あとがき』より

この本は、おじいさんと、歳をとった雌猫のお話です。

ふたりは、テキサスの田舎に住んでいます。おじいさんは、典型的なテキサスっ子。過去には数えきれないほどの数の猫達とくらしてきました。

今は、この年老いた1頭だけです。おじいさんはこの猫を、とても気に入っているのですが、そんなそぶりは外にはみせません。

猫のお気に入りは、おじいさんの作ってくれるポテトスープでした。猫なのにポテトスープが好きって、変ですね。でもアメリカのポテトスープって生クリームがどっさり入っていたりチーズが浮かんでいたりしますから、そんなポテトスープなのかもしれません・・・と、これは、管理人(レビュー者)の勝手な想像です。

さて、おじいさんの趣味は、湖での魚釣り。猫も一緒にボートにのってでかけますが、猫が魚を捕まえたことは一度もありません。

ある日、猫がベッドに寝たままでいると、おじいさんがため息をつきました。

『なんて猫だ、まったく。なんの役にもたたないのだからな。ねずみ一匹つかまえやしない。

そして、おじいさんは、猫を家に残して、ひとり魚釣りにでかけてしまうのですが、・・・

大人がウルウル、大感動するほどのお話ではありません。でも、読み終えたあと、誰でもほんわかし、きっと顔には穏やかな笑みが浮かんでいることでしょう。

絵もきれいで、おとぎ話にぴったりです。

私が持っている文庫本では、しかし残念ながら、絵が小さくなりすぎて、絵の雰囲気に十分浸れません。 できればぜひ単行本の方(26.2 x 25.2cmの大型本)でお求めください。大きい方が絶対おすすめです。

(2014.11.15.)

『ポテト・スープが大好きな猫』

『ポテト・スープが大好きな猫』

『ポテト・スープが大好きな猫』

ファンには嬉しい、村上春樹氏のあとがき

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ポテト・スープが大好きな猫』

  • 作:テリー・ファリッシュ Terry Farish
  • 絵:バリー・ルート Barry Root
  • 訳:村上春樹(むらかみ はるき)
  • 出版社: 講談社文庫
  • 発行: 2008年
  • NDC : 933 絵本
  • ISBN : 9784062762304
  • カラー
  • 原書 :”The cat who liked potato soup” ; c2003
  • 登場ニャン物 :(無名)
  • 登場動物 : ブラックバード、キス(魚)li>

 


ショッピングカート

 

『ポテト・スープが大好きな猫』

8.8

猫度

9.8/10

かわいらしさ

8.5/10

ほっこり度

8.5/10

おすすめ度

8.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA