日高敏隆『ネコたちをめぐる世界』

日高敏隆『ネコたちをめぐる世界』

 

飼われたネコは、人についてはじめて家につく。

2009年11月、『動物行動学の第一人者で京都大名誉教授の日高敏隆(ひだか・としたか)氏が、14日、肺がんのため死去』というニュースが流れた。全く面識はなかったにもかかわらず、古い知人を一人亡くしたかのような寂しさを覚えた。日高敏隆氏の本は、訳本を含め、何冊も読んで親しんでいたからだ。

と同時に、氏の『ネコたちをめぐる世界』のレビューが未載だったことも思い出した。しまった、書かなきゃ!

再読すると、やはり面白い。今は猫ブームでちまたに猫エッセイはあふれているけれど、さすが動物行動学者、気楽な猫エッセイといってもどこか違う。ご自分でも「ぼくはネコ派である」と書かれている通り、猫たちに対する愛情は並みならぬものが感じられるけれど、その片隅に醒めた学者の目があって、猫達を鋭く観察している。

この本での氏の飼い方は、今の時代ではもう推奨できない旧式である。つまり、出入り自由で、繁殖制限なし。だからどんどん産まれる。ケンカもする。家中マーキングで客も呼べない臭さ。しばしば野良猫が家の中まで入ってくるし、勢力争いに負けて家出する猫も出てくる。寿命は短い。数年で代替わりしてしまう。

しかし、自然な生き方ではあった。動物学者としての著者の観察眼が冴える飼い方でもあった。

日高氏がくりかえし本の中で述べているのは、ネコと人間の関係である。ネコがあまりに人間に馴れ甘えるので、氏はほとんど面食らっているようにさえ見える。

飼われているネコにとって、人間は安全の最大のシンボルにまでなってしまっている。それはぼくにはなんとしても納得しがたいことなのだが・・・。(p.96)

飼われているネコたちを見ていると、彼らがみんな他人に甘えたがっていることは明らかである。なでてほしい、抱いてほしい、さすってほしい。彼らはいろんなことをしてもらいたがっている。
けれど、ネコは本来単独で生活する動物である。自然の中で生きていたころ、あるいは今日でものらネコとして生きているネコたちは、そのような願望を満たされぬまま、じっと耐えているのだろうか?(p.138)

目を覚まさないどころではない。さわっても平気である。のどもとをぐっと手でしめても、ぐっすり眠りこんだままでいる。首をつまんで持ち上げても、まだ眠り続けている。
もし、野外でこんなことがおこったら、どうしようというのだ?(中略)
のどもとをぐっとしめあげられたり、首すじを持ち上げられたりすることなどは、もう絶体絶命的状態のはずである。必死のあがきをしても当然だ。ところが、うちのネコたちは、まだ平然と眠っている。どういうことだろうか?(p.150)

そして、最後にはこう結論づけている。

よく、イヌは人につき、ネコは家につくという。これはどうみてもうそである。ネコもヒトについているのである。飼われたネコは、人についてはじめて家につくのである。
(中略)

もちろん飼いネコは、食物を人間に依存している。けれどそればかりではない。ネコたちは、自分が人間にかわいがられていることが確認できたときだけ、安心していられるのである。われわれ人間とちっとも変わるところがない。ネコも所詮は人間にすぎないのだ。(p.230)

日高敏隆氏のご冥福をお祈り申し上げます。

(2009.12.24.)

日高敏隆『ネコたちをめぐる世界』

日高敏隆『ネコたちをめぐる世界』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ネコたちをめぐる世界』

  • 日高敏隆(ひだか としたか))
  • 出版社: 小学館 小学館ライブラリー
  • 発行: 1993年
  • NDC : 645.6(畜産業)犬猫
  • ISBN : 9784094600438
  • 243ページ
  • 登場ニャン物 : サンク、バルバル、ブランシェ、ポリプ、パンダ、ゲリル、リュリ、ミロワール・デ・シャ、レオノール・フィニ、トレード、ボンジョヴィ、独立独歩、他
  • 登場動物 : ―

 

目次(抜粋)

  • 本編
  • *コラム、ネコグッズコレクション
  • *あとがき
  • *小学館ライブラリー版あとがき
  • *初出一覧

 

著者について

日高敏隆(ひだか としたか)

1930年東京都生まれ。52年東京大学理学部卒業。東京農工大教授、京都大学教授を歴任。専攻は動物行動学。昆虫をはじめ、哺乳類・淡水魚など幅広い動物の行動・生活の研究で知られる。主な著訳書に「昆虫という世界」(朝日新聞社)「動物にとって社会とはなにか」「動物という文化」(講談社学術文庫)「人間についての寓話」(思索社)K.ローレンツ著「ソロモンの指輪」(早川書房)同「攻撃」(みすず書房)N.ティンベルヘン著「動物のことば」(みすず書房)D.モリス著「裸のサル」(河出書房新社・角川文庫)「大学は何をするところか」(平凡社)「還ってきたファーブル」(人文書院)など多数。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

日高敏隆『ネコたちをめぐる世界』

8.8

猫度

10.0/10

面白さ

8.0/10

情報度

8.0/10

おすすめ度

9.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA