長井裕子『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

長井裕子『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

 

浮世絵の猫ブーム。現在の「ネコノミクス」をもしのぐかも?。

人力車に乗る猫や、すき焼きに舌鼓を打つ猫―――。この本に登場するのは、幕末から明治期に発行された子ども向けの浮世絵「おもちゃ絵」の、擬人化された猫たちです。
page4

長井裕子『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

長井裕子『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

火付け役となったのは、歌川国芳(1797-1861)。猫好きとしてあまりに有名な絵師ですよね。歌舞伎学者を猫姿で描いたり、同じく猫好きな戯作者・山東京山と組んで『朧月猫の草紙』なんて作品を発表したり。

長井裕子『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

長井裕子『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

やがて門人たちも猫の浮世絵を手掛けるようになります。国芳の弟子・芳藤による『五拾三次之内猫之怪』のような、遊び心満載な傑作も生まれます。

この本は、そんな「猫おもちゃ絵」を集めまくって、わかりやすい解説とともに紹介した本です。

これが面白くにゃいはずにゃい!楽しくにゃいはずにゃい!

長井裕子『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

長井裕子『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

文章での説明は不可能。どうぞ現物を手に取って、じっくりご覧下さい。猫好き・浮世絵好き・江戸時代好きはもちろん、アニメお宅・お笑い好き・頭を使うのが好きでユーモアも理解できる人・ただ綺麗な色が好きな人・別に興味はないが退屈なのでなにか面白いものを見たい人。誰だって楽しめちゃう、そんな一冊です。超おすすめ。

長井裕子『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

長井裕子『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

長井裕子『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

長井裕子『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

国芳一門の猫絵図鑑『ねこのおもちゃ絵』

  • 著:長井裕子(ながい ゆうこ)
  • 出版社:株式会社 小学館
  • 発行:2015年
  • NDC:721.8(日本画)
  • ISBN:9784093884440
  • 127ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物:多数
  • 登場動物:

 

目次(抜粋)

はじめに
第一章 ねこビル
第二章 ねこストリート
第三章 ねこスクール
第四章 ねこレジャー
第五章 ねこシアター
第六章 ねこライフ
第七章 ねこvsネズミ
コラム◎猫じゃ猫じゃ
おわりに

著者について

長井裕子(ながい ゆうこ)

「鈴木晴信の大小と摺物」でアラマエ・クライト賞受賞、「福を招く!猫じゃ猫じゃ」でアート評価保存協会秀逸企画賞ほか。著書に『ウナギの博物誌――謎多き生物の生態から文化まで』(共著・科学同人)、『浮世絵で愉しむ源氏物語』(共著・双葉社)、など。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

長井裕子『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

9.3

猫度

10.0/10

面白さ

9.0/10

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

9.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA