『おこまの大冒険~朧月猫の草紙』

『おこまの大冒険~朧月猫の草紙』

 

江戸時代のベストセラー作家x世界的浮世絵師がタッグ。

山東京山・作、歌川国芳・絵。
まさに、夢の組み合わせ。
令和の世にも名を残す大人気作家と、ヨーロッパ絵画界に影響を与えたほどの絵師が、一緒になっているだけでも魅惑的なのに、この大御所二人が二人とも、大の猫好きときたもんだ!
猫好き本性をこれでもかと発揮して、艶やかに織りなす猫ねこネコの江戸奇譚。
これが面白くなくてどうする?

その、そうでなくとも面白い作品を、金子信久氏がますます面白く訳して紹介してくださいました。感謝感激、最っ高っす!

『おこまの大冒険~朧月猫の草紙』

『おこまの大冒険~朧月猫の草紙』

かなり横長な装丁。高さはちょうど文庫本と同じ、そして幅は、ちょうど文庫本見開きと同じ。つまり、文庫本を2冊横にならべた大きさです。
ページ数も335ページと、多めとはいえ膨大ではないのですが、この横長なつくりが、実際より分厚い本にみせています。

なぜこんなに横長なのかといいますと、これがまた実に嬉しいデザインでありまして。

『おこまの大冒険~朧月猫の草紙』

『おこまの大冒険~朧月猫の草紙』

原文・原画、原本の雰囲気まで全部ソックリ味わえる♪
(よ、読めませんけどね、私には、こんなくずし文字・・・汗)

主人公、いえ、主猫公のおこまちゃんをはじめ、多数の猫たちが登場します。

『おこまの大冒険~朧月猫の草紙』

『おこまの大冒険~朧月猫の草紙』

猫たちの描かれ方がまた面白い。
あるときは、猫の姿そのまま。
あるときは、猫が着物を着ている風に、袖口からのぞく手先は猫の肉球。
そしてあるときは、猫な部分は顔だけ、手足の先までヒト風に。

現在の日本アニメ文化の栄華も、この絵をみれば納得。こんな発想の先祖を持ち、こんな作品を根っこに持つ日本アニメ、発達して当然だ!

『おこまの大冒険~朧月猫の草紙』

『おこまの大冒険~朧月猫の草紙』

お話の内容も、荒唐無稽で波乱万丈、一瞬たりとも読者を飽きさせません。
一見分厚く見えますけれど、上記の通り、見開きの半分は原画、読むべき現代語訳部分は右側のページだけですし、それも1/2~2/3程度しか埋まっていなかったりと、あまり多くはないのです。ですから一気読みできます。
というか、しちゃいます。面白くて止められず、一気読み。

江戸時代の作品だなと思わせる描写は多々あります。
とくに、猫が、少しのことにも恩義を感じて、忠義礼節を尽くす部分とか。
猫が、恥や義理のためだけに自害しようとするところとか。
ネコがですよ!自由で気ままな猫たちが、ですよ!
儒教に支配された江戸時代の人たちには、これが自然な考え方だったのかもしれませんが、現代人の我々には、違和感を通り越して、ただもうコミカル(笑)。
ますます面白ろ可笑しい話にしてくれています。

さらに私が好意を感じたのは。
ここに登場する江戸時代の人たち、子猫が生まれると、ちゃんと里親を探していることです。
安易に捨てたり、嬰児猫を川流しなんてかわいそうなことはしていません。
撫子姫(人間)の良縁のきっかけとなった出来事も良いですね。
作者の猫好き度がうかがえます。

猫が好きな方、古典文学が好きな方、江戸時代に興味がある方、浮世絵など絵画が趣味な方、小説が好きな方、老若男女、み~んな楽しめる本です。
すっごいお勧め!

『おこまの大冒険~朧月猫の草紙』

巻末に豪華カラーで8枚の口絵。

『おこまの大冒険~朧月猫の草紙』

『おこまの大冒険~朧月猫の草紙』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『おこまの大冒険』
朧月猫の草紙

  • 作:山東京山(さんとう きょうざん)
  • 絵:歌川国芳(うたがわ くによし)
  • 訳著:金子信久(かねこ のぶひさ)
  • 出版社:パイ インターナショナル
  • 発行:2013年
  • NDC:913.5(日本文学)小説
  • ISBN:9784756244291
  • 335ページ
  • カラー、白黒
  • 原書:朧月猫の草紙
  • 登場ニャン物:こま(尾の上)、とら、とく、くま、ゆき、はな、きじ、あま、いち、岩ぶち、荒獅子、他多数
  • 登場動物:翁丸、他(犬たち)、こん吉、他(狐たち)、狸

 

目次(抜粋)

まえがき

初編
二編
三編
四編
五編
六編
七編

解説
参考文献
資料

コラム
 猫好きの心に染み入る言葉
 田金菊政のなりわい
 猫の美徳
 猫の美しい暮らし
 おこまちゃんと、とらさんのモデル
 歌舞伎とおこまちゃん

著者について

金子信久(かねこ のぶひさ)

専門は江戸時代絵画史。著者は『旅する江戸絵画 琳派から銅版画まで』、『ねこと国芳』、『日本美術全集14 若沖・応挙、みやこの奇想』、『別冊太陽 円山応挙』、『かわいい江戸絵画』、ほか。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

『おこまの大冒険』

9.6

猫度

9.9/10

面白さ

9.5/10

9.5/10

猫好きさんへお勧め度

9.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA